ニュース

シャープ、紙ノート感覚の電子メモツール「電子ノート WG-N10」

 シャープは、紙ノートの置き換え需要を狙った電子ノート「WG-N10」を2013年1月18日に発売する。オープンプライスとなり、店頭価格は1万5000円程度になる見込み。

 「WG-N10」は、最大1000ページ(100冊分)のノートが持ち運べるというふれこみの電子筆記道具。6インチ、600×800ドット、モノクロ16階調のメモリ液晶を搭載する。バックライトのない、反射型液晶となる。

 本体裏面にワイヤークリップを配し、専用カバーのほか、市販のA6サイズの手帳ケースやブックカバーの一部が利用できる。

 同梱のスタイラスペンで、ディスプレイに直接手書きできる。ペンの太さが選べるほか、書いた内容にマーカーが線がひける。ペン用とマーカー用に別々の消しゴム機能があり、マーカーだけ消すといった使い方ができる。手書きする際に手のひらが画面に触れていても誤入力しにくくなっているほか、市販の抵抗膜式用スタイラスペンも利用できる。

 電源をONにしてすぐにメモがとれるほか、屋外の持ち運びが用意で、バッテリーも持つことなどが特徴となっている。用途に応じて、複数のノート用テンプレートが用意されており、作成したノートは日付検索できるほか、10種類のフォルダに分類して管理できる。

 なお、手書き文字を読み取れる機能はなく、メモは600×700ドットの画像として記録される。本体にはmicroUSB端子が用意され、パソコンと接続すれば、BMP形式の画像ファイルとしてパソコンにバックアップしたり、パソコンで印刷したりといった利用が可能。

 本体にはリチウムイオン充電池を内蔵し、約30日間駆動する。本体をパスワードロックするといった機能は用意されない。

 大きさは111×155×9.9mmで、重さは約210g。パッケージに同梱される専用カバーとスタイラスペンを含めると、約315gとなる。

 「WG-N10」はシャープの事業部門を超えた新しい取り組みから生まれた商品となる。従来の電子機器の進化ではなく、紙ノートの置き換えにこだわったという。家電量販店や大型の文具店、通販サイトなどで販売される予定。生産台数は月産8000台。

(津田 啓夢)