ニュース

リアル書店で電子書籍を現金払い、「スマートブックストア」開始

 ソフトバンクモバイルは、書店で電子書籍が購入できるスマートフォン向け電子書籍配信サービス「スマートブックストア」を12月22日より提供する。

 「スマートブックストア」は、ネット上からの購入だけでなく、書店店頭でも購入できる電子書籍配信サービス。サービス開始時に、コミックや書籍、写真集、雑誌など、3万点以上のコンテンツが用意される。新刊の提供にも力を入れていくとしている。

 ソフトバンクのiPhoneやiPad、Androidスマートフォンのほか、他社スマートフォン(iOS、Android)のユーザーも利用できる。電子書籍の閲覧にはビューアアプリ「Book Reader」を利用する。

書店で電子書籍を購入

 対応する書店はサービス開始時に約1500店舗。2013年3月末までに3000店まで拡大させる計画だ。

 書店で電子書籍を購入するには、電子書籍版のラベルが貼られた該当書籍をレジに持って行き、購入代金を支払う。支払時にQRコードが記載された引換券が渡され、QRコードを読み取り「スマートブックストア」のサイトにアクセスして購入した電子書籍をダウンロードする。なお、購入できるのは電子書籍で、紙書籍はついてこない。書店によって電子書籍版の表示方法は異なる。

 一般的な電子書籍配信サービスではクレジットカードなどでの決済となるが、書店のレジで購入できるため、電子書籍の現金払いや図書カード払いが可能。

 なお、電子書籍の価格については出版社側で決定するとしている。たとえば、プロモーション施策などと連携して、店頭で紙書籍よりも安価に電子書籍を提供するといった展開にも期待ができそうだ。

 スマートブックストアへの初回アクセス時には無料の会員登録が必要になる。

Webサイトで購入

 「スマートブックストア」のサイトに直接アクセスして電子書籍を購入することも可能。コンテンツのダウンロードは、ポイントを購入した上で行う。月額315円〜月額2100円で、300〜2500ポイントが付与される。

 さらに、月額コースに応じて、50〜500ポイントの特典ポイントも付与される。ポイントは300ポイント315円で追加購入も可能。Webサイトでの決済はクレジットカードに対応する。現状ではソフトバンクの毎月の利用料と合算して支払うことはできない。

書店に新たなビジネスモデル

 「スマートブックストア」は、電子書籍のコンテンツアグリゲーション事業を展開するメディアドゥの電子書籍ソリューションを利用している。国内の出版取次大手であるトーハンと連携する全国1500の書店で電子書籍が購入できる。

 書店での継続したレベニューシェア(利益分配)の仕組みが導入されている。たとえば、電子書籍を書店で購入したユーザーが、次回以降、直接「スマートブックストア」のサイトから購入しても、書店側に一定のロイヤルティが支払われる。「スマートブックストア」では、電子書籍配信ストアでありながら、リアル書店と連携した共同プロモーションも実施していく計画だ。

(津田 啓夢)