ニュース

ASUS、タブレットにもなるスマホ「PadFone 2」を日本で発売

 ASUSTeK Computerは、4.7インチの画面を搭載し、10.1インチのタブレットに早変わりできるスマートフォン「PadFone 2」を1月12日に日本で発売する。W-CDMA方式に対応するSIMロックフリーの端末で、価格は7万9800円。

「PadFone 2」本体
「PadFone 2」本体と「PadFone 2 Station」の背面
「PadFone 2 Station」のディスプレイ側。「PadFone 2」本体を背面に装着している

 今回発売される「PadFone 2」は、4.7インチの画面を搭載したスマートフォン「PadFone 2」本体と、10.1インチのディスプレイとインカメラ、スピーカー、バッテリーなどを搭載する「PadFone 2 Station」からなる製品。「PadFone 2 Station」には背面に「PadFone 2」本体を装着できるドックが搭載されており、装着すれば「PadFone 2」本体の機能を10.1インチの画面で、タブレット端末のように利用できるのが最大の特徴。

 CPUや通信機能など主要な機能はスマートフォンの「PadFone 2」本体に搭載されているが、Station側にはバッテリーが搭載され、ドッキングすることで駆動時間は2.5倍になる。本体・Stationともに、音質向上技術として「ASUS SonicMasterテクノロジー」や、5つのサウンドモードを搭載している。

 「PadFone 2」本体のディスプレイは、4.7インチ、1280×720ドットのSuperIPS+液晶。表面には衝撃や傷に強いとするCorningのFit Glassが採用されている。OSはAndroid 4.1.1。CPUはクアルコムの「Snapdragon S4 Pro」(APQ8064)で、1.5GHz駆動のクアッドコア。グラフィックス機能は「Adreno 320」を搭載する。メインメモリ(RAM)は2GBを搭載する。ストレージは64GBで、ASUSのWebストレージも用意されている。

 「PadFone 2」本体の通信機能は、DC-HSDPA対応のW-CDMAで、900MHzと2.1GHzをサポート。無線LANはIEEE802.11a/b/g/nをサポートし、Wi-Fi Directも利用できる。Bluetooth 4.0、GPS(A-GPS/GLONASS)、近接センサー、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープが搭載されている。メインカメラは1300万画素、インカメラは120万画素。

 「PadFone 2」本体のバッテリー容量は2140mAh。大きさは68.9×137×9mmで、重さは約135g。

 「PadFone 2 Station」には10.1インチ、1280×800ドットのIPS液晶が搭載され、100万画素のインカメラも装備されている。バッテリー容量は5000mAh。大きさは263×180.8×10.4mmで、重さは約514g。

 バッテリー駆動時間は、「PadFone 2」本体のみの場合、3Gの連続待受時間が約336時間、連続通話時間が約16時間、連続インターネット時間は約13時間。「PadFone 2 Station」に装着した場合、3Gの連続待受時間が約800時間、連続通話時間が約36時間、連続インターネット時間が約7時間などとなっている。

(太田 亮三)