ニュース

リンクス、iPhoneを乗せるだけで音楽を聞ける小型スピーカー

 リンクスインターナショナルは、iPhoneを置くだけで利用できるという小型のスピーカーシステム「Boombero Wireless Speaker」を2月1日に発売する。価格はオープン価格で、販売予想価格は4980円前後。

 今回発売される「Boombero Wireless Speaker」は、BluetoothやWi-Fiなどではなく、同社が「Near Field Audio(NearFA)」と呼ぶ無線技術を採用しているという。利用方法は置くだけと簡単で、端末のスピーカーから音が出る状態で「Boombero Wireless Speaker」の天面にスマートフォンを乗せると、天面の4カ所に配置されたセンサーにより音が増幅され、「Boombero Wireless Speaker」本体のスピーカーから音が出るようになる。ボリューム操作はスマートフォン側で行う。

 iPhoneシリーズをはじめ、Androidスマートフォンなど、多くのモデルに対応しており、動画などを見られるよう、立てかけることもできる。パッケージに付属のラインインケーブルを使用し、有線で音を入力することも可能。

 単3形乾電池3本で駆動し、連続再生時間は最大約18時間。電源用にmicroUSB端子が用意され、USBのバスパワーでも駆動できる。

 大きさは約62×117×67mmで、重さは約210g(電池含まず)。ボディカラーはブラック、ホワイトの2種類が用意されている。

「Boombero Wireless Speaker」

(太田 亮三)