ニュース

ITU、次世代ビデオコーデック「H.265」承認

 ITU(International Telecommunication Union)は1月25日、新たなビデオコーデック「H.265」(ISO/IEC 23008-2)を承認した。

 ITUにおいて、通信分野の標準化を行うITU-Tの第16研究グループ(Study Group 16)は、次世代ビデオコーデックとして「H.265」の承認に合意した。新ビデオコーデックは、HEVC(High Efficiency Video Coding)と呼ばれるもので、H.264/MPEG-4 AVCの約半分のビットレートで、同等のクオリティの映像が配信できるという。

 このコーデックは、ITUのビデオ符号化専門家チームであるVCEG(Video Coding Experts Group)と、ISO(International Organization for Standardization)およびIEC(International Electrotechnical Commission)のMPEG(Moving Picture Experts Group)のコラボレーションによるもの。ITUでは次の10年をサポートする規格だとしている。

(津田 啓夢)