ニュース

ソニーの「Music Unlimited」月額980円へ、高音質化も

 ソニーは、クラウド型の定額制楽曲配信サービス「Music Unlimited」の利用料を3月1日に値下げすると発表した。現在は30日間で1480円だが、改定後は30日間で980円になる。このほか、1月29日から高音質モードでのストリーミング配信も開始されている。

月額980円に

 「Music Unlimited」は、昨年7月に国内向けサービスがスタートした、定額制の楽曲配信サービス。海外では2010年からサービスが提供されてきたが、昨夏、ようやく日本でもサービスインした。

 ソニーでは「よりお求めやすい価格で提供する」と案内。ユーザーの満足度を高め、よりユーザー数の拡充を図るため、価格改定を実施したと説明する。一方、他社を含めた定額制楽曲配信サービス全体で見ると、これまではauの「LISMO Unlimited」が目立つサービス、といったところだったが、2013年になって複数の企業が続々と名乗りを上げている。1月10日にはディー・エヌ・エー(DeNA)が2012年度内にスマートフォン向け楽曲配信サービスをスタートすると発表。また、レコチョクが3月上旬、NTTぷららが3月1日より月額980円で、定額制楽曲配信サービスを提供すると発表している。こうした状況についてソニーでは「業界として盛り上がってきて嬉しい。直接の対抗策というよりも(値下げは)サービス改善」としている。

 3月1日までにサービス購入、あるいは更新する場合は、現行の30日間で1480円という価格が適用される。3月1日正午以降は値下げ後の価格となる。なお、加入から30日間は無料で利用できる。

1月29日から高音質モード、Androidは近日

 「Music Unlimited」では、ネットワークに繋がった状態で再生するストリーミング再生や、オフライン状態での再生機能が用意されている。

 ソニーでは、1月29日より、ストリーミング配信の高音質モードを開始したと案内。通常の音質モードはHE-AAC形式、ビットレートが48kbpsだったが、高音質モードではAAC形式、320kbpsとなる。

 これはストリーミング再生のみで、オフライン再生は非対応とのこと。また現時点での対応機種は、PlayStation 3、Windows PC、Macとなっている。Androidについては、アプリの準備が整い次第、高音質モードが利用できるようになるとのことで、さほど遠くない時期での提供になる見込み。一方、iPhone向けサービスについては未定。

 1000万曲でスタートした「Music Unlimited」は、現在、1300万曲を超えているとのことで、サービス開始から約半年で300万曲増加している。

(関口 聖)