ニュース

「Nexus 7」、3G対応モデルが登場

 ASUSTek Computer(ASUS)は、7インチディスプレイのAndroidタブレット「Nexus 7」の3G対応版を2月9日に発売する。オープンプライスだが、店頭価格は2万9800円程度になる見込み。

 「Nexus 7」は、Androidの標準と言えるデバイス(リファレンス端末)であるNexusシリーズのAndroidタブレット。これまで国内では、8GB、16GB、32GBという異なるストレージ容量で、Wi-Fiのみに対応したモデルが登場していたが、今回、携帯電話事業者が提供する3G方式(W-CDMA、HSPA+)に対応し、どこでもモバイル通信が利用できるモデルが発売されることになった。なお、対応周波数は850/900/1700/1900/2100MHz帯で、microSIMカードを利用する。

 3G対応モデルの型番は「Nexus 7-32T」で、ストレージ容量は32GB。ソフトウェアプラットフォームにAndroid 4.2を搭載する。CPUは、NVIDIA製の「Tegra 3」(1.3GHz駆動)で、メモリは1GBとなる。7インチディスプレイは、800×1280ドットのIPS液晶。Wi-FiではIEEE802.11b/g/nに対応する。このほか、Bluetooth 3.0+EDR、NFCなどもサポートし、120万画素のインカメラを装備する。大きさは198.5×120×10.65mm、重さは約350g。

(関口 聖)