ニュース

ドコモ、NFC決済対応の新型SIMカードを2月25日より発行

 NTTドコモは、NFCを使った決済サービスに必須となる新型SIMカード(ドコモminiUIMカード)を2月25日より提供すると発表した。全国のドコモショップ窓口で受付を行う。既存カードからの交換手数料は無料。盗難・紛失時の再発行料は2100円。

NFC決済対応の新型SIMカード

 25日から発行が始まる新型SIMカードは、楽天EdyやモバイルSuicaで採用されている「FeliCa」と異なる非接触近距離通信規格である「Type A」と「Type B」において、電子マネー決済を行うために欠かせないセキュアエレメント(チップ)を内蔵しているのが特徴。既存SIMカードとの区別のために色はピンク色に変更された。

 Type A/Type Bベースの決済サービスは、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで2013年上半期から本格化する予定。なお、実際の使用にあたっては、スマートフォン本体側でもNFCに対応している必要がある。

 Type A/Type Bの決済サービスへの対応が表明されているスマートフォンは、いまのところ「Xperia AX SO-01E」「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」「AQUOS PHONE EX SH-04E」「ELUGA X P-02E」「Xperia Z SO-02E」の5機種。このうち、SO-01EとSH-02Eについては、ソフトウェア更新(製品アップデート)とおサイフケータイアプリのバージョンアップが必要となるが、具体的な更新時期は「準備でき次第案内する」としている。

(森田 秀一)