ニュース

ソフトバンク、ZTE製GPS端末「みまもりGPS 201Z」発売

 ソフトバンクモバイルは、ZTE製のGPS端末「みまもりGPS 201Z」を4月中旬以降に発売する。

 「みまもりGPS」は、遠隔地から端末のある場所を特定したり、指定したエリアからの出入りを検知できるGPS端末。通話機能は非搭載。遠隔操作で端末の位置情報を取得したり、端末から居場所をメールしたりできる。

 端末内に移動したルートを記録でき、移動経路をパソコンやスマートフォンで管理できる。また、移動距離や平均速度、消費カロリーなども確認できる。

 防水・防塵モデルとなる。通信方式は2.1GHz/900MHz対応のW-CDMA方式に対応(国内のみ)。大きさは約45×67×15mm、重さは約48g。ボディカラーはホワイトの1種類だが、3種類のシリコンカバーが同梱される。

 ソフトバンクでは、子供や老人などの見守り需要のほか、カバンにつけて紛失対策にも利用できるとしている。指定のエリアの出入りをチェックできるため、自転車に装着しておけば盗難対策にも利用できるとしている。

 利用料は、月額490円で、ソフトバンクやディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクとのメール送信料は無料。利用料はみまもりGPSの基本料無料プログラムに加入すると、最大25カ月間無料となる。

 なお、4月1日より、セントラル警備保障の出動要請サービス「CSPケータイdeアシスト」が、「みまもりケータイ 005Z」「みまもりケータイ2 101Z」「みまもりGPS」をサポートする。こちらの利用料は月額315円。1回(1時間)の出動につき、5775円かかる。

(津田 啓夢)