ニュース

VRI調査、スマホシェアはアップル、シャープ、ソニーの順

 ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)は、スマートフォン・タブレットのユーザーに対する調査を実施し、メーカー別シェアやキャリア別シェアの結果を明らかにした。

 調査は、アプリや専用Webサイトでのコンテンツ利用状況を調査するレポートの予備調査として実施されたもの。調査期間は2月8日〜12日で、15〜69才、2万1789人が回答している。同様の調査は2012年8月にも実施されており、前回調査との比較も行われている。

 最もよく利用するスマートフォンのメーカー別シェアでは、アップルが33%(前回は32%)で1位。シャープが17%(前回16%)、ソニーモバイルが11%(前回12%)、富士通が9%(前回8%)、サムスン電子が8%(前回8%)、NECカシオが5%(前回6%)と続いた。前回調査から大きな変動はなく、海外メーカーと国内メーカーの割合は半々で拮抗する形となった。

 最もよく利用するスマートフォンのキャリア別のシェアでは、NTTドコモが42%(前回41%)、KDDI(au)が31%(前回27%)、ソフトバンクモバイルが26%(前回30%)、イー・モバイルとウィルコムが合わせて2%(前回2%)となり、シェア争いは激しくなっている。

 最もよく利用するタブレット端末のメーカー別シェアは、アップルが57%(前回62%)で過半数を占め、引き続き1位に。2位はグーグルで9%(初登場)、ソニーが5%(前回6%)、サムスン電子が4%(前回7%)、富士通が4%(前回4%)、アマゾンが3%(初登場)となっている。アップルの圧倒的な1位は続いているものの、シェアは5ポイント低下したほか、「Nexus」シリーズのグーグルや「Kindle Fire」のアマゾンが新規に参入している。

(太田 亮三)