ニュース

ウィルコムプラザでソフトバンクの「iPhone 4S」取扱開始

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は、全国のウィルコムプラザにて「iPhone 4S」の16GBモデルの取り扱いを開始する。3月31日まで「ソフトバンクセット割」も提供される。

 ウィルコムプラザでは、2月よりソフトバンクモバイルが提供するAndroidスマートフォンの取り扱いを開始しており、「HONEY BEE 201K」「PANTONE 6 200SH」「RAZR M 201M」などが提供されている。ソフトバンクの販売窓口がウィルコムプラザにも拡大した形で、これらの端末と回線はソフトバンクモバイルとの契約になる。

 今回、ウィルコムプラザで取り扱うソフトバンクモバイルのラインナップに「iPhone 4S」の16GBモデルが加わった。また、「ソフトバンクセット割」も3月31日まで提供される。ウィルコムと他社の携帯電話の2台を契約しているユーザーが、携帯電話をMNPでソフトバンクにするとこのセット割が適用され、「iPhone 4S」の「パケットし放題フラット」は2年間、月額3380円になる。

 なお、ウィルコムプラザでは、現在のところ「iPhone 4S」以外のiPhoneの取り扱いは予定されていない。

「iPhone 4S」

(太田 亮三)