ニュース

ドコモメールの提供再延期、時期は未定に

 NTTドコモは、同社が提供する予定のドコモメールの提供時期について、再び予定を変更し「提供時期未定」としたことを案内している。

 ドコモでは、スマートフォン向けに提供している「spモードメール」をクラウド化し、名前も「ドコモメール」と改称してサービス提供することを案内している。当初2013年1月からサービスを開始すると発表していたが、1月に入ると「万全を期して提供する」として、提供時期を3月に延ばした。

 しかし、万全を期したはずの3月、サービス品質をさらに強化するとして提供時期を再度変更。具体的な時期を明言しない形に改めた。

 「ドコモメール」は、Webメールのようにクラウド上にメールの送受信データが保存され、アプリでそれを閲覧する形になる予定。受信したメールは、これまでのメールと同様に、プッシュ配信で通知され、ヘッダーのみを受信したり、添付ファイルと本文の一括受信などの設定もできるようになるとされている。今回サービス時期が未定に差し戻されたが、基本的なサービスの仕様に大幅な変更はないという。

 spモードメールに代わるドコモのクラウド型メールサービスは、今回あらためて提供開始に雲がかかった格好だ。ドコモの広報部では、「開発中のアプリでは満足いただけないと判断した。全体の品質を総点検した上で開発にあたる。チェックし終わった段階で、2013年度の早い段階で案内したい」とコメントしている。

(津田 啓夢)