ニュース

ドコモ、「iモード マイボックス」を2014年末で終了

 NTTドコモは、iモード端末向けのプラットフォームサービス「マイボックス」を2014年12月で終了する。

 「マイボックス」は2003年5月より試験を開始し、2004年2月に正式に開始されたサービス。コンテンツプロバイダーがユーザーの好みに応じたコンテンツを提供でき、メッセージRやiコンシェルなどを利用し情報を配信するプラットフォームとして提供されてきた。

 ドコモでは、モバイルの中心が旧来の携帯電話からスマートフォンに移行するなどの事業環境の変化を挙げ、経営資源を集中するためにサービスを終了するとしている。

 4月15日には、「マイボックス」の新規申込受付が終了する。サービス終了は2014年12月を予定する。

(太田 亮三)