ニュース

WCPが100万件、2012年度の実績も明らかに――3月の携帯・PHS契約数

 電気通信事業者協会(TCA)は、2013年3月の携帯電話・PHS契約数を発表した。あわせて2012年度通期の実績も明らかになっている。

3月の純増数、MNP件数

 各社の純増数については、多い順から、ソフトバンクモバイルの66万700件、au(KDDI)の51万1900件、NTTドコモの41万7400件となった。ソフトバンクモバイルは、単月の純増数が過去最高となり、シェアでも15カ月連続でトップになった。

 ウィルコムはPHS単体で5万300件の純増(3Gを含めると6万300件)。ワイヤレスブロードバンドサービスでは、Wireless City Planning(WCP)の純増数が21万960件件、UQコミュニケーションズが5万1100件となっている。WCPの契約数は、この3月に100万件を突破した。

 一方、MNP(携帯電話番号ポータビリティサービス)では、auが12万1400件、ソフトバンクモバイルが6万3800件が転入超過(プラス)を記録し、ドコモが18万5100件の転出超過(マイナス)となった。これでauが18カ月連続で、純増数シェアのトップを維持していることになる。

 なお、イー・モバイル(イー・アクセス)の契約件数は四半期ごとの発表だが、今後開催予定の決算会見で案内するとのことで、5日の時点では明らかにされていない。

2012年度の純増数とMNP

 2012年度(2012年4月〜2013年3月)の実績を見ると、まず純増数については、NTTドコモが140万6500件、auが260万200件、ソフトバンクモバイルが353万600件だった。

 ソフトバンクモバイルは、3年度連続で、純増トップで、なおかつ350万以上の純増を3年度続けたことから、2009年度初めと比べ1000万以上の純増を達成した。ウィルコムの2012年度の純増数は、PHS単体で52万9500件となる。

 MNPについては、ドコモが140万9500件の転出超過(マイナス)となり、出血が止まらない。auは101万500件、ソフトバンクモバイルは41万1200件の転入超過(プラス)となった。

 なお、各社の契約数の合計(イー・モバイルの4月〜11月分含む)は、1億3000万件を突破した。

各社の分析

 NTTドコモは、この3月、学割キャンペーンや新機種の「Xperia Z」のほかタブレットなどが順調だったと分析した。2012年度については、純増数が目標や対前年値を下回ったとして、「厳しく受け止めている」とコメント。特に昨秋、他社で発売されたiPhone 5の影響が想定よりも大きく、MNPに影響した、と見ているという。なお、2012年度の売れ筋トップ3のスマートフォンは、2012年夏モデルの「GALAXY S III SC-06D」、2012年春モデルの「Xperia acro HD SO-03D」、2012年冬モデルの「Xperia AX SO-01E」とのことだが、販売数は明らかにされていない。

 KDDIは、固定回線とのセットで割引する「auスマートバリュー」が全国的に好調だったと説明。特に固定回線サービス「auひかり」の新規加入のうち、auスマートバリューの割合は、この3月で、初めて5割を越えたとのこと。

 ソフトバンクモバイルは、3月の好調さは、テレビCMを中心にアピールしている「接続率」の向上で、繋がりやすさが体験できるようになり、純増に寄与したと分析しているとのこと。春商戦ならではの要因として、学割キャンペーンの効果もあったほか、端末としては依然としてiPhone 5が牽引しているという。

通信方式や通信モジュールなど

 通信方式別では、ドコモのLTEサービスである「Xi」は、128万5400件増加して累計1156万6100件となり、3Gサービスの「FOMA」は86万8000件減の累計4996万9900件と、5000万を割った。auとソフトバンクは、iPhone 5の発売以降、LTE単体での契約数を公表していない。

 通信モジュールは、ドコモが7万4300件、auが3万4000件、ソフトバンクモバイルが18万8000件と、いずれも純増した。

 インターネット接続サービスは、ドコモが7万6700件(iモードは88万3200件の純減)、auが42万600件、ソフトバンクモバイルは47万件で、各社ともに増加した。

 プリペイド契約は、ドコモが6万4100件の純増となる一方、auは2300件、ソフトバンクモバイルは3300件の純減。ドコモのプリペイド数は、累計で15万7500件となり、今回、大幅に契約数が伸びた。その背景には、ドコモの3Gサービスに対応したポータブルゲーム機「PlayStation Vita」があるとのこと。

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 417,400 61,536,000
KDDI 511,900 37,709,300
ソフトバンク 660,700 32,479,600
総計 1,590,000 131,724,900

【通信方式別:NTTドコモの加入者数】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ【W-CDMA】 -868,000 49,969,900
NTTドコモ【LTE】 1,285,400 11,566,100

【内訳:通信モジュール】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 74,300 3,169,500
KDDI 34,000 2,283,600
ソフトバンク 188,000 2,900,100

【内訳:インターネット接続サービス契約数】

サービス 純増数 累計
iモード/spモード 76,700 50,972,400
EZweb/ISNET/LTE NET 420,600 30,287,200
Yahoo!ケータイなど 470,000 24,818,700

【内訳:プリペイド契約】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 64,100 157,500
KDDI -2,300 194,100
ソフトバンク -3,300 819,000

【PHS:加入者数】

事業者 純増数 累計
ウィルコム 52,300 5,085,900

【BWA:各グループごとの加入者数】

事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 51,100 4,084,200
Wireless City Planning 219,600 1,216,800

(関口 聖)