ニュース

ドコモのWi-Fiタブレット「dtab」、18日より店頭販売

 NTTドコモは、Wi-Fi対応のAndroidタブレット「dtab」を4月18日より店頭で発売する。4月11日からは全国のドコモショップで予約を受け付ける。

 「dtab」は、10.1インチ(1280×800ドット)ディスプレイのAndroid 4.1搭載タブレット。ファーウェイ製でドコモブランドのタブレットだが、ドコモのモバイルネットワークに接続する機能はなく、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n、2.4GHz/5GHz)のみサポートする。チップセットは、ファーウェイ製で1.2GHz駆動のクアッドコアCPU「K3V2T」。8GBのストレージ、1GBのメモリを内蔵し、最大32GBのmicroSDHCカードを利用できる。

 3月27日からは、ドコモオンラインショップで発売され、発売日にはドコモオンラインショップも多くのアクセスを受けて、繋がりにくい状態にもなった。ドコモによれば、オンラインショップでの発売時の状況から改善しており、入手しやすくなっているという。

 オンラインショップでの価格は、通常、2万5725円。ただし、ドコモユーザー(spモード契約が必要)で、ドコモの映像配信サービス「dビデオ」を6カ月間契約することを条件に、キャンペーン価格9975円で購入することもできる。中途解約時には1万2600円がかかる。店頭での価格は、店舗側が値付けすることから、店舗によって異なる可能性はあるが、オンラインショップの価格と同程度になる見込み。

(関口 聖)