ニュース

ソフトバンクらの障害児支援プロジェクト、協力校へスマホ提供

 東京大学先端科学技術研究センターとソフトバンクモバイル、エデュアスは、障害児学習支援プロジェクト「魔法のランププロジェクト」の協力校を決定した。

 「魔法のランププロジェクト」は、スマートフォンやタブレット端末を一定期間無償で提供し、教育現場や日常生活の中での具体的な事例を研究・公開するもの。協力校は、校内や地域でのICT活用セミナーや研究会の実施を推進し、障がい児学習を支援する。

 今回、協力校87校が決定し、児童や生徒と教員を2人1組とした98組に、計206台のスマートフォンやタブレット端末が無償で貸し出しされる。

(津田 啓夢)