ニュース

メガハウス、子供向けの7インチタブレット「tap me」

「tap me」(タップミー)
側面には各種端子が並ぶ。背面の記載から製造メーカーはCoviaと見られる

 バンダイナムコグループのメガハウスは、Androidベースの子供向けタブレット「tap me」(タップミー)を7月中旬に発売する。価格は2万790円。

 tap meは、7インチ、800×480ドットのタッチパネルディスプレイを装備したタブレット。CPUはCortex A8 1GHz、メモリは512MB、ストレージは4GB。200万画素のアウトカメラ、30万画素のインカメラを装備しているほか、microSDカード(32GBまで)スロット、microUSB端子、3.5mmのステレオミニジャックが用意されている。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n対応で、主に屋内での使用を想定しているためGPSには非対応となる。

 大きさは189×118×11.5mm、重さは450g。バッテリー容量は2400mAhで、連続使用時間は約4時間半とされている。付属のACアダプターは2Aタイプとなる。落下などの衝撃から本体を守るシリコンバンパーが用意され、パッケージはバンパーのカラー別にブルーとレッドの2モデルに分かれている。

 OSはAndroid 4.0ベースとなるが、「パパママモード」と呼ばれる管理機能が搭載されており、各アプリを利用できるようにするかどうかは保護者が設定できるようになっている。使用時間を制限できる「使いすぎ防止タイマー」機能も用意されている。

 Webについては「Yahoo!きっず」へのショートカット、アプリマーケットはTapnowベースの独自マーケット「キッズアプリマーケット」が用意されており、厳選された安全なコンテンツにのみアクセスできるような配慮がなされている。

 同社によれば、tap meのメインターゲットは4〜8歳の子供。「ひらがななぞり」などの教育系アプリや知育系アプリが30種類以上プリセットされているほか、必要に応じてキッズアプリマーケットからアプリをダウンロードできる。また、バンダイチャンネルのアニメも閲覧できる。課金については、クレジットカード決済とキャリア決済に対応する。

パパママモード
使いすぎ防止タイマー

(湯野 康隆)