ニュース

国民生活センター、スマホから接続のアダルトサイトの相談急増

 国民生活センターは、アダルト情報サイトに関する相談で、スマートフォンからアクセスしたという相談が急増しているとして、ユーザーに注意を促している。

 2012年度に消費生活センターに寄せられた相談件数では、商品・サービス別の分類でアダルト情報サイトに関する相談が引き続き1位となっている。一方、スマートフォンの普及に伴って、スマートフォンからアクセスしたという相談が急増しているという。

 相談件数は、2013年度に入り5月13日の時点で1174件となり、2012年度の同時期の427件と比較して3倍近くなっている。また、アダルト情報サイトに関する相談のうち、スマートフォンからアクセスした割合は2011年度が4.4%、2012年度が18.6%、2013年度は5月13日時点ですでに28.7%に上っており、年々増加の傾向にある。

 相談事例は、「公式のアプリマーケットで無料アプリをダウンロードしたら、突然料金を請求された」「アプリをダウンロードした後、業者から料金を請求する電話があった」「アダルト情報サイトに接続して年齢を確認したら入会となり、高額料金を請求された」などというもの。

 国民生活センターではユーザーへのアドバイスとして、無料だと思っても安易にアクセスしないことや、身に覚えのない請求は無視し、不安に思う場合は業者に連絡するのではなく最寄りの消費生活センターに相談することなどを紹介している。

 なお、最近では、ユーザーに複数回クリックさせることでサービスに登録したと思い込ませるなど、詐欺を目的とした不正なアプリの手口は巧妙化している。また、公式のアプリマーケットで配信されている不正なアプリについても、実態はWebブラウザ程度の機能しかなく、詐欺行為はWebのコンテンツ上で行われるケースが増えている。これらのアプリは、機能としては無害な場合も少なくないので、不正アプリの検出の遅れや、アプリの登録が繰り返されるなどのイタチごっこが続く要因になっている。ユーザーにおいては、公式・非公式、アプリ・Webといった形態にとらわれず詐欺行為に注意を向けるようにしたい。

(太田 亮三)