ニュース

2012年度タブレットシェア1位はApple、小型やAndroidが増加

 MM総研は、2012年度通期(2012年4月〜2013年3月)の国内におけるタブレット端末の出荷台数を調査し、結果を明らかにした。

 2012年度通期のタブレット端末の出荷数は前年度比104.3%増の568万台で、前年度の278万台から倍増した。

 メーカー別シェアは、Appleが298万台、シェア52.5%で1位。Appleは3年連続で1位を獲得した。2位は「ARROWS」シリーズを展開する富士通で、出荷数は47.9万台、シェアは8.4%。3位は「Nexus 7」などが好調のAsusで47万台、シェアは8.3%。4位は「Kindle」シリーズを投入したAmazonで、34万台、シェア6%となっている。

2012年度通期 タブレット端末 メーカー別シェア 出典:MM総研

 OS別でシェアをみると、iOS(Appleのみ)は289万台、シェアは52.5%で、Androidは241万台、シェアは42.4%となる。iOSのシェアは2010年度と比較して22.7ポイント減少、2012年度下期ではシェアが50%を下回ったが、2012年度通期では50%を上回った。

2012年度通期 タブレット端末 OS別シェア 出典:MM総研

 3GやLTEを利用できる回線モデルと、Wi-Fiのみのモデルを比べると、回線モデルは224万台でシェアは39.4%、Wi-Fiモデルは344万台でシェアは60.6%になった。回線モデルの販売数自体は増加しているものの、全体に占める割合は減少する傾向にあり、Wi-Fiモデルの、定価が2万円以下のモデルや、データ通信料が不要である点などが好調の要因とされている。

 タブレットのディスプレイサイズでは、約10インチの「ホームタブレット」が328万台、シェアは57.5%になった。一方、約8インチ未満の「モバイルタブレット」は240万台、シェアは42.3%になっている。「モバイルタブレット」はこれまで通年のシェアが20%未満だったが、「iPad mini」や「Nexus 7」「Kindle」などが人気を博したことで拡大し、市場全体の底上げにも貢献した。

 MM総研では、2013年度のタブレット端末の出荷台数について、前年度比21.5%増の690万台と予測。2014年度は840万台、2015年度は950万台になるとしている。

(太田 亮三)