ニュース

MNPで「iPhone 5」割引、ソフトバンクの新キャンペーン

 ソフトバンクモバイルは、他社ユーザーを対象にしたキャンペーン「のりかえサポート」を6月1日より提供する。

のりかえサポートを開始

 「のりかえサポート」は、他社の携帯電話を利用するユーザーがMNP(携帯電話番号ポータビリティ)ソフトバンクの「iPhone 5」を購入する際、端末代金を2万1000円割り引きするというもの。キャンぺーン対象の条件は、MNPを利用して新規契約し、なおかつ「iPhone 5」を新スーパーボーナスで購入するユーザーで、料金プランとオプションには「ホワイトプラン」「S!ベーシックパック」「パケットし放題フラット for 4G LTE」に加入する必要がある。

 条件を満たしたユーザーについては、「iPhone 5」の代金が2万1000円、割り引きされる。一括購入の場合は、その場で値引きが適用される。一方、割賦で購入する場合は2万1000円という割引を24カ月にわたって適用する。

かいかえ割、特典を選ぶ形に

 既存ユーザーを対象にしたキャンペーン「かいかえ割」の内容も同日より改定される。これまで「かいかえ割」は、パケット通信定額サービス「パケットし放題フラット for 4G LTE」の料金を1年間割り引きし、月額4410円(通常は5460円)にするというものだった。

 6月1日からは、これまでと同じ特典のほか、「ホワイトプラン(月額980円)」が1年間無料になるという特典と、機種変更と同時に「iPad mini」か「iPad」(第4世代)を購入すると、24カ月間、毎月の請求額から1200円が割り引きされるという特典の2つが用意される。ユーザーは、6月1日以降、これら3つの特典のうち1つを選ぶことになる。

既存キャンペーンの受付期間延長、内容変更も

 以下のキャンペーンについても申込受付期間の延長と内容変更が6月1日に実施される。ただしその詳細は、6月1日に明らかにされる。

 また5月31日に終了予定だったキャンペーン「iPad for everybody」の受付期間が延長される。

 指定の固定通信サービスを利用すると料金が割り引きされる「スマホBB割」の内容も6月1日に変更される予定。このほか、5月31日終了予定でソフトバンクの携帯電話への通話料が24時間無料になる「24時間通話定額オプション」(月額500円)は受付期間を区切らず、継続的に提供されることになった。

(関口 聖)