ニュース

auの「4G LTE」で通信障害

 KDDIは、LTE方式によるデータ通信サービス「4G LTE」において、29日5時20分ごろから通信障害が発生していることを明らかにした。

 対象エリアは東京都、神奈川県、山梨県の一部。ただし、その詳細は調査中とのことで、まだ明らかにされていない。対象人数も調査中だが、Android、iPhone、iPad、iPad miniといった4G LTE端末全てが対象とのこと。ただし3Gについては通信・通話ともに正常に利用できる。

 KDDIによれば、障害が発生した初期の段階では利用できない状態だったが、その状態からは脱して不安定で利用しづらい状況が続いているのこと。

 同社では4月中旬にiPhone、iPadのEメールで、4月下旬に4G LTEで通信障害が発生していた。

【追記 2013/5/29 9:14】
 KDDIは、今回の通信障害の影響人数が最大56万人であることを明らかにした。これは障害の影響を受けている3都県の4G LTEユーザーの人数。また原因については、パケットデータ設備の故障であることもあわせて明らかにされている。原因の詳細は調査中とのこと。

【追記 2013/5/29 11:39】
 KDDIから発表された障害の第2報によれば、原因はパケットデータ設備の中でも基地局制御装置だという。約1カ月前の4月27日に発生したLTEの通信障害でも、基地局をコントロールする設備(MME、モバイル・マネジメント・エンティティ)のバグが原因となっていたが、今回の事象との関連、あるいは同様の原因かどうかはまだ不明とのこと。なお、10時30分時点でのKDDIへの問い合わせ件数は59件。

【追記 2013/5/30 0:12】
 KDDIは、4G LTEの通信障害が29日23時13分に解消され、サービスが復旧したと発表した。原因は LTE 基地局制御装置の故障とのことだが詳細は調査中。同社では、サービスが安定して提供されているかどうか、当面監視を続ける。

(関口 聖)