ニュース

auの「4G LTE」でまたも通信障害、2日連続

 KDDIは、auのLTEサービス「4G LTE」で30日13時4分頃から、パケット通信が利用しづらい状況に陥っていることを明らかにした。対象エリアは東京都、神奈川県、山梨県の一部。2日連続で通信障害が発生したことになる。

 同社によれば、4G LTE対応機種でのパケット通信が利用しづらい状況にあるという。3Gでの通話、通信など他のサービスへの影響は調査中とのこと。対象人数や原因なども調査中で、まだ明らかにされていない。

 なお、前日29日にも、今回と同等のエリアにおいて、4G LTEの通信障害が発生。障害は約18時間続き、同日23時13分に復旧したと案内があったばかり。

【追記 2013/5/30 15:23】
 KDDIによれば、障害の影響を受けている人数は最大64万人。これは影響を受けているエリアでセッションが確立していた端末数とのこと。原因はLTE基地局制御装置の故障。これは前日の障害と同様の表現だが、同じ原因かどうか、現時点では断言できないという。LTE以外のサービスへの影響として、3Gのデータ通信は利用できると案内。ただしLTEが繋がりにくいことから3Gへ通信が集中して利用しづらくなることがあるとしている。KDDI側では3Gへの通信規制は行っていない。音声通話への影響は確認中。

【追記 2013/5/31 0:03】
 KDDIは、23時50分にLTEサービスが復旧したと発表した。同社では引き続き、ネットワークの安定状況を監視している。原因など詳細は調査中とのこと。なお20時までの問い合わせ件数は約500件。LTE以外のサービスについては、一部地域で音声通話が利用できないケースがあったことは把握しているとのことだが、その事象と今回のLTEの障害との関係についてはまだ確認できていない。

(関口 聖)