ニュース

ビックカメラ、無線LANも利用できるIIJのオリジナルSIMカード

 ビックカメラは、インターネットイニシアティブ(IIJ)のMVNO(仮想移動体通信事業者)型サービスと、公衆無線LANサービス「Wi2 300」も利用できるオリジナル商品「BIC SIM powered by IIJ」を6月14日に発売する。月間通信量やSIMカードの枚数が異なる、3つの料金プランが用意されている。

 「BIC SIM powered by IIJ」は、NTTドコモのLTEネットワークを借り受けて提供される、IIJのMVNOサービスをベースにしたSIMカード商品。標準タイプのSIMカードとmicroSIMカードのどちらかを選んで購入する。下り最大112.5Mbps(一部エリア)のデータ通信が利用でき、音声通話は利用できない。あわせてワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する公衆無線LANサービス「Wi2 300」も追加料金なしで利用できる。

 パッケージ価格は3150円で、別途、月額利用料がかかる。なお、IIJではサービス名称を「IIJmioウェルカムパック for BIC SIM」と呼び、「BIC SIM powered by IIJ」はパッケージ名としている。

 手軽に利用したいユーザーに向けたプランや家族間でデータ通信を共有したい、あるいは複数の端末でシェアしたいというユーザー向けなど3つの料金プランが用意されている。通信速度はドコモのサービスと同じで、月間通信量を越えると速度は最大200kbpsに制限される。

プラン名 月額利用料/通信量 SIMカード枚数
ミニマムスタートプラン 945円/500MB 1枚
ライトスタートプラン 1974円/2GB 1枚
ファミリーシェアプラン 2940円/2GB 3枚

 当初の取扱店舗は、ビックカメラ池袋本店、有楽町店、、新宿西口店、池袋本店パソコン館、ラゾーナ川崎店、新宿東口店、ソフマップ秋葉原本館、秋葉原リユース総合館、コジマNEW梶ヶ谷店、NEW用賀店、成城店で、今後順次拡大する予定。ビックカメラ、ソフマップ、コジマのネットショップでも取り扱われる。

 決済方法はクレジットカードで、パッケージ購入後、専用のWebページで申込手続きを行うとすぐ利用できる。ただし購入後、90日以内に契約する必要がある。ビックカメラでは、「タブレットなどの普及で2台所有するユーザーや、中古でスマートフォンやタブレットを購入するユーザーが増えてきており、より安価に料金プランを提供できないかと考えて、IIJと協力して提供することになった」と説明している。

(関口 聖)