ニュース

日本通信の新型モバイルルーターは出荷停止、SIMロックのため

 日本通信は、14日発売予定としていたLTE対応のモバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi3」の出荷を停止したと発表した。SIMロックフリーとうたう製品だが、実際はSIMロックが施されていることが判明したためで、日本通信では「本来あり得ない理由で」出荷停止を決定した、としている。

 「b-mobile4G WiFi3」はAMテレコム製のLTE対応モバイルルーター。日本通信の製品として6月14日より提供される予定となっていた。LTE対応のSIMロックフリーなルーターと案内されていたが、日本通信では、同製品にSIMロックが施されていることが判明したため、出荷を停止した。短期的には業績への懸念があるものの、SIMロック解除の推進を唱える同社として、SIMロックが施された製品を出荷することはできないと説明する。

 販売再開については未定とのことで、正式に決まり次第、あらためて案内される。日本通信のWebサイトで予約していたユーザーに対しては、発送が遅延すると連絡する一方、店頭で購入したユーザーに向けて窓口を設けて、無償交換に応じる。

 SIMロックが施された原因として、同社では「当社の意に反し、ドコモのSIMロックが掛かっていることがメーカーから本日報告されました。各メーカーは、これまで携帯事業者向けに、携帯事業者の意向のもとSIMロックをかけてきていることから、当社のメーカーもその流れに則ってきた結果です」(原文ママ)とコメント。日本通信の製品として発表されているルーターだが、同社の品質管理体制には触れず、メーカー側の独断であることを示唆している。

 日本通信広報は「(先代モデルのルーターである)WiFi2も同じメーカーで、今回、WiFi3でもSIMロックフリーは要求していた」と述べており、同社内のプロセスに問題はなかったとの認識を示している。

(関口 聖)