ニュース

iPhoneを向けた先の天気がわかるARアプリ「アメミル」

 島津ビジネスシステムズは、iPhoneを向けた方向の降雨状況が視覚的にわかるAR(拡張現実)アプリ「アメミル」を6月18日に公開する。App Storeからダウンロード可能で、一部の機能をのぞいて無料で利用できる。

 「アメミル」は、AR機能を利用して、iPhoneのカメラを向けた方向の降雨状況を雨雲と雨のアニメーションで伝えるアプリ。降雨往訪を気象庁のレーダーを合成したもので、10分毎に更新される。カメラを向けると、その方角の雨量に応じて雨雲や雨のアニメーションが変化する。降雨情報を視覚的にとらえることで、ゲリラ豪雨対策に活用できるとしている。

 AR機能によって表示された雨のアニメーションと実際の映像は、Twitterに投稿が可能。投稿した地点からの降雨情報は、刻々と変化する気象状況に合わせ変化していき、丸一日確認できる。

 なお、一般的なマップ表示の降雨情報も確認できる。現在地マーカーや地図と重ね合わせて、16階調で雨の状況が確認できる。このほか、登録地点に1時間以内に雨が降る可能性があると、iPhoneにプッシュ通知する。

 アプリの利用料は基本的には無料で、月額85円の有料会員になると、この先1時間の雨量予測が利用できるようになる。

(津田 啓夢)