ニュース

ドコモの「GALAXY S III」がAndroid 4.1に

 NTTドコモは、Androidスマートフォン「GALAXY S III SC-06D」向けに、Android 4.1へバージョンアップするアップデータの提供を開始した。また「GALAXY S4 SC-04E」「MEDIAS X N-04E」「ELUGA V P-06D」では不具合を解消するソフトウェア更新が提供される。

「GALAXY S III」がAndroid 4.1に

 「GALAXY S III SC-06D」では、Android 4.1へバージョンアップすることで、新機能が追加される。GALAXYオリジナルの機能では、利用状況にあわせて機能が切り替わるようになり、たとえば待受状態でイヤホンを装着すると、画面は楽曲再生機能になる。複数機能を同時に起動して2画面で操作できるマルチウィンドウも利用でき、画面の上半分はブラウザ、下半分はマップという使い方も可能となる。

 操作の利便性を向上させるウィジェットが追加され、よく連絡する相手を表示するウィジェットや好みのアプリ、お気に入りの設定などのウィジェットが用意される。カメラ機能では「ベストフェイス」モードが利用でき、複数人数を撮影する際、連続して写真を撮ることで、1人だけ目を閉じていたりした場合でも、全員が笑顔の場面を抜き出して1枚の写真に合成する。

 このほか、Android 4.1の機能として検索内容などと連動して、天気や自宅までのルートなどを示す「Google Now」などが利用できるようになる。またワンセグアプリ起動後に、録画予約できないことがあるという不具合があわせて解消される。

 更新は端末単体(所要時間約30分)、あるいはパソコン(同約60分)に接続して実行できる。更新後のビルド番号は「JZO54K.SC06DOMBMF1」となる。

3機種でのソフト更新

 20日からは、「GALAXY S4 SC-04E」「MEDIAS X N-04E」「ELUGA V P-06D」の3機種で最新ソフトウェアが提供されている。適用することで不具合を解消できる。不具合の内容は機種によって異なる。

 「GALAXY S4 SC-04E」ではブックマーク内のリストを非表示にして後、再起動するとリストが再び表示されることがある。所要時間は、単体更新で約8分、パソコン経由で約18分。更新後のビルド番号は「JDQ39.SC04EOMUAMF2」。

 「MEDIAS X N-04E」ではメール受信時、まれに本体のバイブレータ機能が正常に動作しないことがある。所要時間は約4分。更新後のビルド番号は「A1002011」。

 「ELUGA V P-06D」では電源ON時、まれにホームアプリの設定が正しく反映されないことがある。所要時間は約15分。ビルド番号は「09.0811」。

(関口 聖)