ニュース

2.5GHz帯の追加割当、UQとWCPが申請

 総務省は、無線ブロードバンドサービスに割り当てられる2.5GHz帯の追加の認定申請について、最終的にUQコミュニケーションズとWireless City Planning(WCP)からの申請を受け付けた。

 2.5GHz帯は現在、UQコミュニケーションズがWiMAXサービスを、Wireless City PlanningがAXGP方式の通信サービスを提供している。Wireless City Planningの通信サービスは、ソフトバンクモバイルが「SoftBank 4G」の名称でサービス展開している。

 総務省では、2.5GHz帯のうち、2625〜2650MHzを新たに無線ブロードバンドサービス向けに割り当てることを決め、6月24日まで申請を受け付けていた。追加の割当は20MHz幅となり、1社ないし2社に割り当られる計画。申請が10MHz幅ずつであれば、2社に割り当てられる場合もあるという。

 総務省側では申請内容について現時点では明らかにしていない。今後、審査方法も含めて公表する方針。UQコミュニケーションズ側では20MHz幅で申請したとしている。審査には約1カ月かかるため、順調にいけば7月末には認定先が決まる見込み。

(津田 啓夢)