ニュース

PHSとAXGPに対応するハイスペックスマホ「DIGNO DUAL 2」

 「DIGNO DUAL 2」(WX10K)は、PHSとAXGP(4G)、3Gに対応する京セラ製のスマートフォン。7月18日に発売される。予約は7月4日から。

 「DIGNO DUAL 2」は、前モデルにあたるウィルコム初のスマートフォン「DIGNO DUAL」のコンセプトを継承し、PHSと3Gに加えてAXGP(4G)にも対応したスマートフォン。

 ウィルコムが新たに発表したスマートフォン専用の料金プランでは、「ウィルコムプランLite」「ウィルコムプランD+」のどちらにも対応する。

 AXGP方式がサポートされることで、対応エリアでは下り最大76Mbpsの通信速度に対応。PHSは音声通話回線として利用できる。PHSの圏外では3Gでの通話ができ、4Gの圏外では3Gでデータ通信が可能。3Gおよび4Gではテザリングにも対応している。

 ディスプレイ全体を振動させてる「スマートソニックレシーバー」が搭載され、ディスプレイ側に従来型の通話用スピーカーは搭載されていない。外観デザインでは端末メーカー(京セラ)やキャリアのロゴを省いたシンプルな見た目になっているのも特徴。

 ユーザーインターフェイスのほか、やりたいことを話すだけでアプリを起動できる「すぐごえ」、省エネ機能では「オート通信制御」機能を用意するなど、独自機能も用意されている。

 通信方式はPHS(1.9GHz)、AXGP(2.5GHz)、W-CDMA(900/1500/2100MHz)。海外ではW-CDMAに加えてGSM(900/1800/1900MHz)も利用できる。

 OSにAndroid 4.2を搭載。ディスプレイは4.7インチ、1280×720ドットの液晶で、CPUはMSM8960、1.5GHz駆動のデュアルコア。メインカメラは810万画素のCMOS、インカメラは120万画素のCMOS。ストレージは16GB、メモリは1.5GB。microSDカードを利用可能。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n。

 おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、GPS、防水・防塵性能に対応。Bluetooth 4.0+EDRをサポートする。メールサービスはMMS、SMS、ライトメールを利用できる。

 連続待受時間はPHS/3Gデュアルモードで約400時間、PHS/4Gデュアルモードで約310時間、GSMモードで約280時間。連続通話時間はPHSで約1110分、3Gで約840分、GSMで約600分。大きさは約66×134×10.9mmで、重さは約134g。ボディカラーはブルー、ブラック、ホワイト、ピンクの4色。

ピンク
ブラック
ブルー
ホワイト

(太田 亮三)