ニュース

初音ミクとXperiaのコラボスマホ発売、3万9000台限定

 NTTドコモは、初音ミクとコラボ-ションしたスマートフォン「Xperia feat.HATSUNE MIKU SO-04E」を9月下旬に発売する。3万9000台の数量限定販売となる。7月4日よりスペシャルサイトがオープンした。

 バーチャルアイドル「初音ミク」と、ソニーモバイル製スマートフォン「Xperia」のコラボモデルが登場する。「Xperia A SO-04E」をベースとしたモデルで、ベースモデルがAndroid 4.1となる中、初音ミクモデルはAndroid 4.2となる。端末背面が大胆にアレンジされている。本体カラー「Miku」に合わせたNFC対応のワイヤレスステレオヘッドセットが同梱される。

 発売9月下旬。8月下旬よりスペシャルサイトで予約を受け付ける予定で、実店舗での予約は9月上旬になる見込み。

 クリプトン・フューチャー・メディアの投稿サイト「ピアプロ」では、「Find Your MIKU Project」と題して、初音ミクとXperiaの世界観をイメージするサウンドロゴやイラスト作品を受け付ける。「Xperia feat.HATSUNE MIKU」には集まった作品がコンテンツとして収録される予定。アプリや起動音、壁紙などにユーザー投稿作品がプリセットされる。募集期間は7月4日〜7月31日。

 また、7月16日〜7月21日の19時半〜23時にかけて、六本木ヒルズのメトロハットにおいて、AR技術を使った初音ミクのライブが開催される。専用のARアプリ(Android向け)を使ってメトロハットの外周にかざすと、初音ミクの映像が楽しめる。対応機種などの詳細はスペシャルサイトで今後明らかにされる予定。

 このほか、8月28日には、クリプトン・フューチャー・メディアとソニー・ミュージックレコーズの共同プロジェクトとして、コンセプトCD「MikXperience e.p.」(ミクスペリエンス イー・ピー)がリリースされる。

「dx39」は「ドコモ」×「ミク」と、「ドコモ」「Xperia」「ミク」を意味する。

 端末はAndroid 4.2を搭載する。ディスプレイは約4.6インチ、720×1280ドットで、メインカメラは約1310万画素の裏面照射型CMOS。CPUは1.5GHzのクアッドコア「APQ8064」で、メモリは2GB、ストレージ容量は32GBとなる。防水防塵仕様、バッテリーは2300mAh。大きさは約131×67×10.5mmで、重さは約141g。

(津田 啓夢)