ニュース

スマホを接続して走る電動スクーターが登場

 テラモーターズは、スマートフォンを接続し、走行時のデータなどを確認したり管理したりできる電動バイク「A4000i」を12月に発売する。日本・アジアで同時期に発売される見込みで、世界限定2000台。価格は約45万円。

テラモーターズ「A4000i」

 今回発売される「A4000i」は、スクーター型で、最高時速65kmで走行が可能な電動バイク。メーターパネル部分にはスマートフォンを設置できる場所が設けられており、専用アプリを利用して走行中のバイクの電力消費やバイクのバッテリー残量などを確認可能。スマートフォンを装着しなくても、走行に必要な基本的な情報を表示するメーターパネルは装備されている。

 スマートフォンからはクラウド上に各種の走行データをアップロードでき、業務用途ではこれらデータの活用も見込んでいる。第1弾モデルとなる「A4000i」ではiPhoneシリーズ(iPhone 3G以降)に対応。今後開発されるモデルではAndroidなどほかのスマートフォンにも対応を拡大する。

 フル充電の状態から最長で65kmの走行が可能。シート下にあるバッテリー部分は取り外しでき、家庭の100V電源から充電することもできる。テラモーターズがメーカーと共同開発したリチウムバッテリーの寿命(交換の目安)は、積算走行距離で約5万km。バッテリー重量は16kgで、充電時間は約4.5時間。ガソリンエンジンのスクーターなどと比較すると、毎日20km走行し5年間利用した場合、約11万円のコスト削減になるとしている。

 原付2種に区分され、法制度上は125ccのガソリンエンジンの原付バイクなどと同じ扱いになる。最高時速はブーストボタン使用時で65km/h、通常時は50km/h。登坂力は15度で、定格出力は1000W以下。ホイールベースは1280mm、最低地上高は140mm、シート高は750m。ブレーキは前後ともディスクブレーキ。全長は1790mm、全幅は750mm、全高は1230mm。車両重量は118kg。乗車定員は2人。車体保証、バッテリー保証ともに1年。

 なお同社では、出力を600W以下として、ガソリンエンジンで50cc相当の、より手軽なモデルの追加も検討している。

(太田 亮三)