ニュース

LTEエリア化が最も進んでいるのはドコモ、全国約1800カ所で調査

 日経BPコンサルティングは、全国の約1800カ所にて、3キャリアを対象に、LTEエリアになっているかどうかや通信速度を調査し、結果を明らかにした。エリア、ダウンロード速度はともにNTTドコモが1位になっている。

 調査は6月26日〜7月15日にかけて、全国47都道府県で人が多く集まる場所を中心に1793カ所、合計2147の測定ポイントにて行われた。NTTドコモの「Xi」、KDDIの「4G LTE」、ソフトバンクモバイルの「SoftBank 4G LTE」の、各キャリアのLTEサービスのエリアかどうかが調査されたほか、通信速度も計測。端末(スマートフォン)は、ドコモが「Xperia A SO-04E」、KDDIは「iPhone 5」「HTC J One HTL22」、ソフトバンクは「iPhone 5」「AQUOS PHONE Xx 203SH」を利用して調査が行われた。KDDIとソフトバンクについては、iPhoneとAndroidで分けて調査されている。

 調査の結果、対象となった1793カ所のうちLTEエリアの割合が最も高かったのはドコモで、98.6%という結果になった。2013年3月に実施された第1回目の調査(全国1000カ所で調査)から引き続き、ドコモが1位を獲得した。2位はKDDIのAndroidで、LTE化率は97.8%と、ドコモと僅差の結果になっている。3位はソフトバンクのiPhoneで、93.9%。4位はKDDIのiPhoneで84.4%、5位はソフトバンクのAndroidで、80.4%になった。

全国1793カ所におけるLTEエリアの割合 出典:日経BPコンサルティング

 調査地点をカテゴリー別に分けると、「ホテル・宿泊施設」「空港」「官公庁」「複合施設」ではいずれもドコモのLTE化率は100%となり、KDDIのAndroidは「駅」「大学」でエリア化率が高かった。

 高層ビルなどの高所や海、プール、富士山など、夏向きの観光スポットで見ると、ドコモは「ウォーターパーク・海水浴場」のカテゴリーでLTE化率が100%だった。KDDIのAndroidは、「PA/SA・道の駅」で89.8%と、3キャリアで最もLTE化率が高い結果になった。

LTEの平均通信速度、ダウンロードはドコモのAndroid

 通信速度の調査では、調査に利用した5機種のうち、もっともダウンロード速度が速かったのはドコモの「Xperia A SO-04E」で、LTEでの下りの平均速度は25Mbpsとなった。これは、理論値で下り最大112.5Mbpsのエリアが拡大したことが平均速度を押し上げたと分析されている。2位はKDDIのAndroidで、下り平均21.77Mbps、3位はソフトバンクのAndroidで、下り平均21.36Mbps、4位はKDDIのiPhoneで、下り平均12.37Mbps、5位はソフトバンクのiPhoneで、下り平均11.87Mbpsという結果になった。

 アップロードの通信速度は、1位がKDDIのAndroidで、上り平均10.20Mbps、2位がソフトバンクのiPhoneで、上り平均8.23Mbps、3位はドコモで、上り平均6.72Mbps、4位はKDDIのiPhoneで、上り平均5.35Mbps、5位はソフトバンクのAndroidで、上り平均3.11Mbpsとなった。

LTEの平均通信速度(ダウンロード) 出典:日経BPコンサルティング

(太田 亮三)