ニュース

「ウェザーニュースタッチ」、ゲリラ雷雨を予測通知

 ウェザーニューズは、スマートフォン向け天気予報アプリ「ウェザーニュースタッチ」内に、「スマートアラーム(ゲリラ雷雨モード)」の提供を開始した。有料会員であれば利用可能。有料会員の利用料は、Androidが月額315円、iOSが7日間85円〜。

 「スマートアラーム(ゲリラ雷雨モード)」は、昨年比3.5倍の増加が見込まれるゲリラ雷雨の発生を、事前に通知するサービス。ゲリラ雷雨発生の危険性がある場合、現在地に合わせて、発生する30分前までにプッシュ通知で知らせてくれる。通知エリアは現在地のほか、3地点まで登録することができる。

 また、ゲリラ雷雨発生の危険性をリアルタイムで公開する「ゲリラ雷雨Ch.」も追加された。「ゲリラ雷雨Ch.」は、アプリ「ウェザーニュースタッチ」およびインターネットサイト「ウェザーニュース」内で、無料で利用できる。ユーザーから寄せられた情報と、ゲリラ雷雨を捕捉するために開発された独自の観測レーダー「WITHレーダー」から得られた情報をもとに、ゲリラ雷雨の発生危険度を32kmメッシュのエリアごとにマッピング表示する。危険度は3段階に分けられ、危険度の高い順に赤色、黄色、緑色で表示される。

 「スマートアラーム(ゲリラ雷雨モード)」「ゲリラ雷雨Ch.」はどちらも、バージョンを2.5.0にアップデートすると利用できる。

(西村 夢音)