ニュース

ソニー、FeliCaカードとスマホを併用する「電子お薬手帳」の実験

 ソニーは、FeliCaのカードを利用した電子お薬手帳の試験サービスを2013年秋より神奈川県川崎市で開始する。電子お薬手帳の情報を閲覧したり、追加的な情報を記録できるスマートフォン用のアプリも用意される。

 今回開発されたシステムでは、病院で処方された薬を薬局で購入する際などに利用する「お薬手帳」を、FeliCa搭載カードで実現する「電子お薬手帳」が提供される。クラウドを利用した一般的なサービスと異なり、個人情報とデータを分離し、データのみをクラウド上に保存する新システムを採用するのが特徴。

 同システムは薬局向けに提供されるシステムで、エンドユーザーは、FeliCaカードとなった電子お薬手帳を薬局のリーダーライターにかざすだけで調剤履歴の記録や閲覧が可能。また、専用のスマートフォンアプリを利用すれば、モバイル端末からも情報を閲覧できるようになるほか、診察時の症状や副作用などの記録も行える。薬局側では、FeliCaカードの電子お薬手帳に記録された情報に加えて、スマートフォンアプリで入力された情報も一元的に確認できる。

 ソニーはすでに川崎市の一部で、20の薬局を通じて約1000名を対象に実証実験を実施しているが、2013年秋からは川崎市全域に拡大、試験サービスとして提供していく。

薬局での利用イメージ
スマートフォンアプリ

(太田 亮三)