ニュース

ドコモの「あんしんモード」がアクセス制限ブラウザと連携可能に

 NTTドコモは、スマートフォン向けの「あんしんモード」を拡充し、ネットスターが提供するフィルタリングサービス対応のブラウザ「ファミリーブラウザ for docomo」と連携する機能を8月28日より提供する。どちらも利用料は無料。

 「あんしんモード」は、子供がスマートフォンを安全に利用できるよう、アプリやインターネットアクセスに制限を設けられるサービスで、「あんしんモード」アプリをインストールして利用する。

 「ファミリーブラウザ for docomo」は有害サイトへのアクセスを制限するフィルタリング機能を備えたブラウザアプリで、XiやFOMAといったモバイル回線のほか、公衆無線LANや自宅などのWi-Fiを利用したインターネットアクセスでもフィルタリングを適用できる。

 また、「ファミリーブラウザ for docomo」では「あんしんモード」で設定されている小学生、中学生といった学齢ルールの設定を継承でき、子供の成長や使い方に応じたアクセス制限が可能になっている。

 「ファミリーブラウザ for docomo」が当初対応する機能はGALAXY S4 SC-04Eで、対応機種は順次追加される。

(太田 亮三)