ニュース

東京駅にSIMフリースマホ専門店登場、セットアップまで提供

 ラブロスは、東京メトロ丸ノ内線の東京駅に、SIMロックフリーのスマートフォンや関連製品、設定サービスも提供する店舗「Wasabee」を9月4日にオープンする。スマートフォンに設定サービスやSIMカードをセットにした「SIMフリーデビューパック」もオープン記念として用意する。

 今回オープンする「Wasabee」は、スマートフォンを国内外で活用するビジネスマンや来日した外国人客などにおける、SIMロックフリーのスマートフォンへのニーズに応えるという店舗。場所は東京メトロ丸ノ内線の東京駅コンコース大手町寄りで、同社は多店舗化の第1弾と位置付けている。

 「Wasabee」の店舗では、国内外のSIMロックフリーの携帯電話・スマートフォン、SIMカード、アクセサリーの販売を行うほか、iPhoneの修理や各種の設定サービス、中古の端末と買い取りと販売も行う。また、店舗にはSIMロックフリースマートフォンに関する同社のスキル認定制度に合格したスタッフが常時配置される。

 オープンを記念して、9月4日〜30日の期間、先着で100名に「SIMフリーデビューパック」が販売される。これは、初めてSIMロックフリーのスマートフォンを購入するユーザーを対象にしたセットを期間中は値引きして販売するもので、端末と月額980円のSIMカード、セットアップや通信設定までのサービスが含まれている。価格は、iPhone版が9万9900円(通常12万円)、Android版が5万3900円(通常7万円)。

 キャンペーン期間中はこのほか、商品の購入者の先着500名に東京メトロの記念品がプレゼントされるほか、端末本体を購入したユーザーにはUSB電源アダプターがもれなくプレゼントされる。

(太田 亮三)