ニュース

ソフトバンク、iPhone 5向けケース型衛星電話「202TH」

 ソフトバンクモバイルは、iPhone 5用ケースのような形状で、専用アプリを使って衛星電話として利用できるようにする端末「202TH」を9月10日に発売する。価格は、一括購入で8万1600円。新スーパーボーナスによる割賦購入の場合は、3400円×24カ月で、月月割が3400円。ソフトバンクでは24カ月経過すれば端末代金は実質0円になるとしている。

 Thuraya(スラヤ)Telecommunications Company製の「202TH」は、外観がiPhone 5専用ケース型となっている衛星電話端末。iPhone 5に装着して利用する。iPhone 5とはBluetoothで繋がり、無料の専用アプリ「SatSleeve」を使うと、衛星電話として通話・通信できるようになる。通話のほか、SMS、データ通信(USB経由、テザリング)も利用できる。装着中は、iPhone 5の外部バッテリーとしても利用できる。アプリがバックグラウンドで動作していれば、衛星電話サービスの待受も可能で、電話がかかってきてもすぐに応答できる。この際、3GやLTEといったモバイル通信も可能で、モバイル回線と衛星回線で同時に待受できることになる。

 大きさは約69×142×31mm、重さは約227g。連続通話時間は約3時間、連続待受時間は約36時間。動作が確認されているのはソフトバンクモバイルのiPhone 5のみ。他社のiPhoneについて、ソフトバンクでは「動作を保証できない」としている。

 衛星電話サービスの利用料は、通常料金と同じ。たとえば契約期間2年の「衛星電話バリュープラン」は基本料4900円で、1000円分の無料通信が含まれる。通話料は1分160円、SMS通信量は1通70円。データ通信料(ダイヤルアップ)は1KBあたり2円。

(関口 聖)