ニュース

スマホと“合体”する「Cyber-shot」2機種、10月25日に発売

 ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot」シリーズの最新機種で、スマートフォンと連携させて利用する「DSC-QX100」「DSC-QX10」の2機種を10月25日に日本国内で発売する。価格は、「DSC-QX100」が5万5000円前後、「DSC-QX10」が2万5000円前後。

DSC-QX100

 「DSC-QX100」「DSC-QX10」は、一眼レフカメラのレンズのような形をしたコンパクトデジタルカメラ。ソニーでは“レンズスタイルカメラ”と呼ぶ。本体にシャッターボタンがあるなど単体でも撮影は可能だがスマートフォンと連携させて利用することが想定されており、スマートフォンの画面がファインダーとなってシャッターを切れる。パッケージにはスマートフォンを挟み込むアタッチメントが同梱される。

 2機種のうち「DSC-QX100」は、ソニーのハイエンドコンパクトデジタルカメラと同じCMOSセンサー(1型裏面照射型、Exmor-R、2020万画素)やレンズを採用するなど高画質を志向した機種となる。

 もう一方の「DSC-QX10」は、1/2.3型で1820万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor-R」を採用し、光学10倍ズームが可能な高倍率モデルとなっている。

DSC-QX10

 別売りのアクセサリーとして「Xperia Z」専用のアタッチメント型ケース「SPA-ACX1」(3255円)、持ち運び用のキャリングケース(QX100対応版が3780円、QX10対応版が3255円)も同日に発売される。

 商品の発売に先駆けて、9月13日からは東京、大阪、名古屋にあるソニーの施設で先行展示が実施される。

(関口 聖)