ニュース

ドコモ、iPhoneのspモードメールは10月1日から利用可能に

 NTTドコモは、iPhone 5s/5c向けに同社が提供する各種サービスの対応時期を公表した。

 メール系のサービスでは、SMSは発売日の9月20日から利用可能だが、「@docomo.ne.jp」のspモードメール、メッセージR、メッセージSといった他のサービスは10月1日から利用可能となる。同社の案内によれば、spモードメールは専用アプリの形ではなく、iPhone標準のメールアプリ内で利用可能となる。

 このほか、dアプリ&レビュー、dゲーム、dコイン、dショッピング、spモードメールウイルスチェック、イマドコサーチ、つながりほっとサポート、迷惑メール対策設定、ドコモ地図ナビが10月1日、dヒッツ、dビデオが10月10日、dブック、dミュージックが10月18日、dアニメストアが11月8日、じゃべってコンシェルが11月中旬、データ保管BOXが11月下旬、dミュージック(月額コース)、iコンシェル、iチャネル、ドコモドライブネット、iBodymoが12月1日に提供が開始される予定。

 デコメール、ドコモ電話帳、あんしんスキャン、ケータイ補償 お届けサービス、スマートフォンあんしん遠隔サポート、ドコモゼミ(使い放題コース・小中学生コース)、NOTTV、あんしんパック、カラダのキモチ、おサイフケータイ、DCMX miniについては、提供時期未定とされている。これらのサービスの多くは、iPhoneに機種変更した際に解約扱いになるが、NOTTVとカラダのキモチについては各自解約手続きが必要となる。また、おサイフケータイ関連では、事前に電子マネー等の個々のサービスの解除手続きを行うように呼びかけている。

(湯野 康隆)