ニュース

ソフトバンクiPhone 5s/5c発売イベントに宮内氏、上戸彩が登場

 20日午前8時のiPhone 5s/5c発売を前に、ソフトバンク銀座では当日朝7時45分から発売セレモニーが開催された。ソフトバンク代表取締役副社長兼COOの宮内謙氏と女優の上戸彩が登場し、8時ちょうどの発売開始をカウントダウン。店頭に行列を作ったユーザーらとともに発売を喜び合った。

ソフトバンク銀座で20日午前8時にiPhone 5s/5cを発売開始
ソフトバンク銀座のビル壁面にはiPhone 5cの巨大な看板が設置されていた
午前8時の発売をカウントダウン

「スマートフォンユーザー満足度調査2013」でソフトバンクがトップに

 宮内氏は店舗前に用意された壇上に上がり挨拶の言葉を述べた後、インプレスビジネスメディアが前日の19日に発表したばかりの「スマートフォンユーザー満足度調査2013」の結果をフリップで示し、ソフトバンクがNo.1になったことを報告。「LTEネットワークにおいてもトップだったことが大きい」と笑みを見せ、1.7/2GHz帯のダブルLTEを全国の都市部全域で展開すること、800MHz帯のプラチナバンドに関わる工事も進め、2014年4月からはトリプルLTEに進化させるとし、LTEネットワークをますます強化していくことを宣言した。

ソフトバンク代表取締役副社長兼COOの宮内謙氏
ソフトバンクは発表されたばかりの「スマートフォンユーザー満足度調査2013」でトップに

 今回からKDDIに加えNTTドコモもiPhoneの取り扱いを開始するが、ソフトバンクとしては「この5年間ずっとiPhoneを扱ってきた」ことを強調。「現実的にトラフィックをどのようにうまくマネジメントするか。大変大きなトラフィックが出る」と述べ、経験と実績が他キャリアより優位にあるという見方を示した。また、「iPhoneマスター」という制度を発足させたことによって、きめ細かくユーザーをサポートできるとしており、ネットワークと販売体制の充実度を強みに他社に対抗していく考え。

 同氏はiPhone 5s/5cなどに向けた新たな割引キャンペーンについても解説した。MNPによる乗り換えで基本使用料が2年間無料になる「バンバンのりかえ割」や、学生であれば基本使用料が3年間無料になり、パケット定額料金が最大3年間1050円割引となる「のりかえ学割」、iPhone 4/4Sのユーザー向けに端末代金の残債を無料にするキャンペーン、使用中のスマートフォンを下取りする「スマホ下取り割」などの割引・購入支援施策を用意し、「いつも新規のお客さんばかり優遇していると言われてきたが、これらを提供することで、新規にも、既存のお客様にも安く提供したい」とした。

基本使用料が2年間無料や、かいかえ割などの料金施策を説明する宮内氏
行列の先頭は3日前から並んでいるという話を聞いて、上戸彩は「元気ですか」とねぎらった
「男性が持ったらものすごくカッコいいグレー」や「小さなお子さんが持ってかわいい、女性がアクセサリー感覚で持って輝けるカラフルなもの」もいいと話す上戸彩
「つるつる、キラキラするものはテンションが上がります!」とのこと
ドコモ参入でiPhoneの取り扱いは3社揃ったが、「倍返しで頑張ります!」と力強く宣言した宮内氏
一番乗りのユーザーにiPhone 5cを手渡す上戸彩。危うく取り落としそうになる場面も

iPhoneの苦労を3年から4年分くらい先にやっている

囲み取材に応じた宮内氏

 宮内氏は、イベント後の囲み取材にも応じ、iPhone 5s/5cにおけるソフトバンクの強みを改めて解説した。まず、イベントでも語ったように「(iPhoneの取り扱いを)5年間やってきた」ことに触れ、「iPhoneのことは全部知ってます。トラフィックがどう動くかも知ってます。iPhone 4Sから5になった時、どういうトラフィックの動き方をして(いたかもわかるし)、今度のiPhone 5s/5cも相当なトラフィックのボリュームが上がるだろうということも(わかる)」と、同社の経験の積み重ねを強調した。

 ダブルLTEの強化や75Mbpsへの高速化、2014年4月からのプラチナLTE(800MHz帯)の開始など、今後のネットワークの強化策についても言及し、800MHz帯のプラチナバンドで優位にあると主張するKDDIや、iPhone新規参入のドコモに劣らないサービスを提供できるとしている。

 また、プラチナバンド対応スマートフォンにおけるパケット接続率のグラフを持ち出し、最新の情報ではソフトバンクが97.5%と、KDDIの96.5%、ドコモの96.1%を上回っていることを明らかにした。この数字については「毎日差が開いていっている気がする」とコメントするとともに、以前はゴルフ場でつながりにくいと言われていたものの、こちらもドコモに接近してきている状況であるとした。

パケット接続率はあいかわらずトップ。「毎日差が開いていっている気がする」とのこと
パケット接続率で弱いのは今のところゴルフ場と百貨店だけだという
月間10億件のアプリ通信ログを収集し、接続率調査に活かしている
キャリア別の接続率でもソフトバンクが平均して高いことが判明しているという

 最後に、再びドコモとKDDIの3社との競争になることについて問われると、「コンペティティブになるほどマーケティングの新たな知恵が生まれてくる」と同氏。「厳しい環境になるけれども、勝ち抜く力、クイックな活動をやっていければ十分勝ち続けられると思う。他社はAndroidで苦労してきているが、その苦労をソフトバンクは3年から4年分くらい先にやっている」と話し、同社のもつアドバンテージに自信をのぞかせた。

 なお、ソフトバンク銀座では当日朝8時の段階でおよそ160人余りが列をなした。iPhone 5cの在庫は潤沢にあるようだが、iPhone 5sは十分な数が揃えられず、「相当お待ちいただくことになるだろう」とのこと。当日店舗前に並んだ全員が希望通りの機種を購入できるかどうかや、そもそもの在庫数などは、不明としている。

 このほか、家電量販店のビックカメラ有楽町店とヤマダ電機池袋モバイルドリーム館でもソフトバンクモバイル幹部が出席するセレモニーが開催された。

左:ソフトバンクモバイル 第二営業統括 第一営業本部 本部長代行の本田 欣也氏
右:ヤマダ電機 LABI1池袋モバイルドリーム館には、同店店長の渡辺 宏紀氏
左:ソフトバンクモバイル取締役専務執行役員 榛葉 淳氏
右:ビックカメラ代表取締役社長の宮嶋 宏幸氏

ソフトバンク銀座に展示されたiPhone 5s/5c

iPhone 5sもさっそく店内にデモ展示されていた
指紋センサーも兼ねたホームボタン
こちらはスペースグレイ
シルバー
ゴールド
もちろんiPhone 5cも展示されていた
樹脂製の背面のツヤが美しいiPhone 5c
iPhone 5s/5c用のケースも多数販売中

(日沼諭史)