ニュース

「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」一部プラン値下げ

SMS対応SIMも選択可能に

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、MVNOとしてNTTドコモのネットワークを利用するLTE対応のデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」において、10月1日より一部プランを値下げする。また、10月7日から、同サービス向けにSMS機能に対応したSIMカードの提供を開始する。

 今回の値下げの対象になるのは、データ通信容量が月間2GBの「ライトスタートプラン」と「ファミリーシェアプラン」の2つ。既存ユーザーは自動的に適用される。「ライトスタートプラン」は月額1974円から月額1596円に値下げされる。「ファミリーシェアプラン」は月額2940円から月額2688円に値下げされる。

SMS対応SIMを追加提供、アンテナピクト表示も改善

 また、「IIJmio高速モバイル/Dサービス」向けに、SMSの送受信が行えるSIMカードを提供する。SMSの送受信が可能になるほか、一部のWebサイトで利用されているSMSの認証にも対応する。さらに、一部の機種で、電波強度の表示を行うアンテナピクトが正しく表示されない問題や、一部のスマートフォンでバッテリー消費が早くなる問題も解消できるとしている。

 このSIMカードは、SMSオプション料金として月額147円が必要。また、送信料は国内宛が1通あたり3.15円、海外宛が1通あたり50円となっている。受信は無料。

 なお、SMS機能を利用するには、SMS対応SIMカードが必要。従来のSMS非対応のSIMカードを利用している場合で、SMS対応SIMカードに交換する場合は、SIM交換手数料として2100円が必要。SMS機能を停止する場合も、同様にSMS非対応のSIMカードへの交換手数料が必要になる。

(太田 亮三)