ニュース

4.5型IGZO液晶、ハイスペック両立の「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」

 「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」は、比較的コンパクトな4.5インチのディスプレイを搭載し、ハイスペックも両立するシャープ製のAndroidスマートフォン。2014年2月下旬に発売される予定。

「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」

 4.5インチでフルHDの液晶ディスプレイを搭載し、左右と上部の三辺を挟額縁に仕上げてコンパクトなボディに仕上げたのが特徴。4.5インチのスマートフォンとして世界最小サイズを謳うほか、フルHD解像度のIGZO液晶は487ppiと高密度なパネルになっている。8色の多色カラーバリエーションで展開する。

 シャープのソフトバンク向けAQUOS PHONEは、ハイエンドモデルが「Xx」の名前を冠している。本モデルは“コンパクトなハイエンドモデル”と位置づけられており、コンパクト・ミドルモデルの「ss」ではなく、「Xx mini」の名前を冠している。

 先行して2013年12月に発売される5.2インチディスプレイの「AQUOS PHONE Xx 302SH」に比べると、本体サイズとディスプレイ、カメラ、バッテリ容量、フルセグ非対応という点が異なる以外は、CPUや通信機能などのスペックやソフトウェア面の仕様はほぼ共通となっている。ディスプレイは302SHがS-CGシリコン液晶を搭載するのに対し、303SHはIGZO液晶を搭載。バッテリー容量は2100mAhだが、2日以上利用できるとされている。

 上辺と左右辺の狭額縁設計により、4.5インチのディスプレイを搭載するスマートフォンとしては、コンパクトなボディになっているのも特徴。幅63mm、長さ124mmのサイズは、4インチのディスプレイを搭載する「iPhone 5s」などに近く、5インチのスマートフォンに比べると、手の小さいユーザーでも片手で扱いやすいサイズとなっている。

 側面には電源キーのみを搭載し、音量キーは前面右下にタッチセンサで搭載されている。上辺が狭額縁になった影響で、インカメラはディスプレイ下に移動している。通話用のレシーバーはディスプレイ上側にある。

 背面カバーは取り外せない構造で、上端にmicroSDカードスロットとnanoSIMカードスロットがある。上端のイヤホンマイク端子、下端のmicroUSB端子はいずれもキャップレスで、そのままで防水性能を持っている。狭額縁設計やボタン・端子の配置などは、302SHとほぼ同じだが、302SHが卓上ホルダに対応するのに対し、303SHは卓上ホルダには対応しない。

 発売が遅い端末ということもあり、発表会では実機は展示されなかったが、ソフトウェアは302SHと同等なる予定だという。ホーム画面などはシャープ独自のFeel UXを搭載する。

 シャープ独自の機能として「翻訳ファインダー」を搭載する。これは、カメラ機能を利用し、英語から日本語にリアルタイムに翻訳できる機能で、カメラのファインダー画面に表示さ英語の文字部分を書き換えたような見た目で利用できる。リアルタイムなファインダー映像だけでなく、撮影した写真に対しても翻訳機能を利用可能。端末に内蔵された英和辞書へ遷移できる連携機能や、単語や画像をWebで検索できる連携機能を備えている。

 また、Webブラウザなどのコンテンツを表示している際、クイックランチャー機能で翻訳アプリを起動すれば、コンテンツ上の英語を日本語に翻訳することもできる「翻訳キャプチャー」機能も用意される。

 カメラは1300万画素で、302SHから画素数が減少しているものの、画像処理エンジンやF1.9という明るいレンズなどの基本要素は共通となっている。ただし、暗所でのノイズを減らす「NightCatch」や高速オートフォーカス、多焦点撮影といった機能は303SHには搭載されない。

 LTEの通信機能では「Hybrid 4G LTE」として、AXGP方式の「SoftBank 4G」とLTE方式の「SoftBank 4G LTE」の2種類に対応している。

 OSはAndroid 4.2。ディスプレイは約4.5インチ、1920×1080ドットのIGZO液晶。メインカメラは1310万画素、インカメラは120万画素のCMOS。外部メモリはmicroSDXCカード(4GB同梱)。CPUは「MSM8974」で、2.2GHz駆動のクアッドコア。メモリは2GB、ストレージは16GB。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acで、Bluetooth 4.0に対応する。防水性能はIPX5/IPX7相当。おサイフケータイや赤外線通信にも対応する。

 通信方式はW-CDMA(900MHz/2.1GHz)、FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、AXGP(2.5GHz)。海外ではW-CDMA、FDD-LTE、GSM(900MHz/1800MHz/1900MHz)に対応する。

 バッテリー容量は2120mAh。駆動時間は未定。大きさは約63×124×9.8mm(暫定値)。重さは未定となっているが、130g台になる見込み。ボディカラーはターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンク。

(太田 亮三/白根 雅彦)