ニュース

ドコモ×スクエニ、「ドラゴンクエスト」コラボスマホを発表

「ドラゴンクエスト」コラボスマホ

 NTTドコモとスクウェア・エニックスは、10月1日から開催される「CEATEC JAPAN 2013」に先駆け、スマートフォンおよびタブレットに関する2社連携について、ドコモブース内にて発表した。

 今回の発表では、ドコモが提供するプラットフォーム「dゲーム」に人気オンラインゲーム「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」を、クラウドゲームとして2013年12月〜2014年2月頃に配信開始し、「dtab」より順次対応するとした。また、「ドラゴンクエスト」とコラボレーションしたスマートフォンを発売すると発表した。

左から堀井氏、前田氏、齊藤氏

 NTTドコモのマーケットビジネス推進部長 前田義晃氏、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストX」プロデューサーの齊藤陽介氏、ゲームデザイナーの堀井雄二氏が登壇した。dゲームは現在約40タイトルを用意しているが、今回のクラウドゲーム対応について前田氏は「これまでのような手軽なゲームだけではなく、リッチで動きのあるグラフィカルなゲームを、さまざまな端末で楽しんでいただけるような取り組みとして、dゲーム初のオンラインゲームとして本タイトルを提供する」と述べた。クラウドとモバイルデバイスを中心に連携してサービス提供するMMORPGを提供するのは世界初となる。まずはドコモの「dtab」のみ対応するが、順次、他の機種でも対応可能にしていくという。齊藤氏、堀井氏による同ゲームのデモンストレーションが披露された。

デモンストレーションの様子

 dゲームで提供するクラウド版も、現在「ドラゴンクエストX」で提供されている、Wii、Wii U、Windows版、と同じサーバー上でプレイできる。なお、ソフトの価格やサービスの利用料金については未定。追って案内するとした。

 また、ドラゴンクエストコラボ端末について、ドコモによると同製品は「ドラゴンクエスト」シリーズに登場するメタルスライムをモチーフにした高級感のあるデザインのボディに仕上げたという。同製品のメーカー、仕様、価格などの詳細は10月10日に行われるドコモ冬春モデルスマートフォン発表会にて明らかにするとしている。

(川崎 絵美)