ニュース

ドコモの「プレミアクラブ」、来春の改定内容を変更

 NTTドコモは、会員組織「ドコモプレミアクラブ」で、2014年4月に改定する予定だったポイントプログラム、会員優待サービスについて、当初の改定内容を取り止めて、新たな形にすると発表した。

ポイントプログラム、再改定の背景

 6月に発表された当初の改定方針は、「ドコモの契約期間」と「特定サービスの契約」でステージが決まる、というものだった。

 ステージは「1st」「2nd」などが用意され、長期契約になるほどポイント付与率が高まる形となるものの、特定サービスの契約が必須と言える形となっており、もし特定サービスを契約しなければ利用期間に関わらず、一律で最もポイント付与率が低いステージ(ベーシックステージ、今回の改定で導入取り止め)になる予定だった。

 しかしこの方針に対して、ドコモには長期利用者から「サービスを契約させることはやめて欲しい」といった要望が多く寄せられ、改定内容が見直されることになった。

新たなポイントプログラムの内容

 当初予定されていたステージ決定条件のうち、「DCMX GOLD会員=ゴールドステージ(1000円ごとに100ポイント)」という最高ステージの条件はそのまま。しかし、新設のグランプレミア(15年以上)、プレミア(10年以上)、3rd(8年以上)、2nd(5年以上)、1st(5年未満)という各ステージは、利用期間だけでステージが決まる形となった。

 ステージ決定条件は、従来のままとなる一方、ポイント付与率は下がる。たとえばプレミアステージは、現在、100円につき4ポイント、つまり付与率が4%となっているが、新改定内容では1000円につき20ポイント(2%)になる。1000円に満たない額は切り捨てられる。

 このままではポイント付与率が半減する格好だが、ドコモのクレジットカードである「DCMX」(年会費無料)を契約すると、さらに5ポイント(2015年3月請求分までは20ポイント)付与される。また、スマートフォンユーザーであれば、有料サービス「あんしんパック」か「おすすめパック」および情報配信サービス「Myインフォメール」を、iモードユーザーであれば「ケータイ補償お届けサービス」か「iコンシェル」とMyインフォメールを契約すると、5ポイント付与される。

 つまり、10年以上のプレミアステージのユーザーは、そのままでは1000円につき20ポイントだが、特定サービスを契約することで5ポイント、DCMXを契約することで5ポイントの付与となり、1000円につき計30ポイント(2015年3月末までは45ポイント)割り当てられることになる。

 法人向けの「ドコモビジネスプレミアクラブ」も改定内容が変わる。こちらはDCMXの契約による特典ポイントがないものの、それ以外は、ほぼ個人向けの「プレミアクラブ」と同等の内容となる。

優待サービスも変更

 来春の改定では、1stステージから「レジャー・エンターテイメント施設」の優待料金クーポンが配布される予定だった。しかし今回の改定では、プレミアステージ以上のユーザーに限られることになる。

DCMXのポイント付与率も改定

 このほかドコモでは、クレジットサービス「DCMX」のポイントについても、2014年5月12日支払い分(4月請求分)から改定する。

 これまで200円につき1ポイント(付与率0.5%)だったが、来春からは1000円につき10ポイント(1%)となり、付与率が倍になる。ただし、1000円に満たない額は切り捨てられる。一方、携帯電話の利用料をDCMXで支払っている場合、その利用料に付随するDCMXポイントは廃止される。また年間の利用額に応じたボーナスポイント、日曜日の利用時などに付与されていた3倍ポイントが廃止される。

 ドコモでは「年会費1万円のDCMX GOLD会員であれば、ほぼポイントは増える」と説明。通常のDCMX会員については、日曜日に集中してポイントを使っていたユーザーの場合、ポイント付与率が3倍(1.5%)から1%になるため、獲得できるポイントが減る可能性がある。一方、平日のショッピングに利用することが多いユーザーはポイント付与率が倍になり、得られるポイントが増える可能性が高まるという。

 このポイント付与率の改定についてドコモでは、「ショッピングでの付与率を倍にすることによって、DCMXの利用を促進したい」と説明。特に、先述したドコモプレミアクラブのポイント付与において、DCMXの利用でさらにポイントが付くことから、DCMXの利用促進に繋げたい考え。

 このほかDCMX GOLD会員向けの特典も改定される。補償サービス「DCMXケータイ補償」の期間が、10月1日より、2年→3年へと延長されたほか、年に一度プレゼントされる「ケータイ購入ご優待券」の内容も変更。これまでは入会から2年目以降、年間100万円以上利用するユーザーには、5250円相当の優待券を提供してきたが、今回より、年間利用額が100万円〜200万円未満のユーザーは1万500円、200万円以上のユーザーには2万1000円分の優待券がプレゼントされる。

DCMXの入会促進キャンペーン

 ドコモでは2013年12月31日までに「DCMX GOLD」に申し込み、2014年1月末までに入会したユーザー全員にドコモポイント1万ポイントをプレゼントする。

 通常カードのDCMXについては、2014年3月末までに申し込み、申し込み翌月までに入会すると利用金額に応じてドコモポイントが付与される。付与されるポイントは、2000円につき100ポイント、最大5000ポイントとなる。

(関口 聖)