ニュース

GALAXYと連携するスマートウォッチ「GALAXY Gear」がドコモでも

 オプション品の1つとして、サムスン製のスマートウォッチ「GALAXY Gear」(SM-V700)が10月17日に発売される。GALAXYシリーズと連携して、電話やメールの着信を確認したり、音楽を再生したりできる。

 スマートフォンと連携して、通知確認のみならず、ハンズフリー通話や音楽再生などが可能なスマートウォッチ「GALAXY Gear」がドコモでも取り扱われる。対応機種はGALAXY Note 3、GALAXY Jの2機種。GALAXY S3以降の機種では、Android 4.3へのバージョンアップ後に利用できるようになる見込み。

 1.63インチのSuper AMOLEDディスプレイを備え、タッチ操作でさまざまなアプリを利用できる。Androidベースのデバイスとなり、800MHz駆動のプロセッサ、4GBのストレージ、512MBのメモリを搭載する。

 190万画素カメラも装備し、手軽に写真撮影も可能。本体に写真が50枚程度保存できる。最大10秒の動画撮影や、音声も一緒に撮影できるサウンド&ショット機能も備えている。また、ボイスメモに対応し、最大5分の音声が録音できる。録音した音声は連携したスマートフォンに転送し、テキストに変換することも可能。「リダイヤル」と話しかけるとリダイヤルできるなど、音声操作にも対応している。

 さらに、連携するスマートフォン側に用意した「Gear Manager」という専用アプリから、Samsung Appsにアクセスすることで、アプリをダウンロードし、機能を拡張できる。Facebook、TwitterなどのSNSや、運動量を測定できる健康管理アプリのほか、画面の着せ替え素材などが用意されている。同製品に最適かつ、対応可能なアプリを順次追加していくという。

 このほか、無料通話・メールアプリ「LINE」の通知を受けられる。テキストの返信はできないが、用意された数種類のみスタンプによる返信が可能。なお、メッセージをスマホではなく、GALAXY Gearで確認した場合「既読」表示となる。

 また、紛失防止、セキュリティ対策として、事前に設定することでGALAXY Note 3から1.5m以上離れるとGALAXY Note 3の操作を自動でロックできる機能「遠隔ロック」機能がある。「遠隔ベル」機能もあり、離れるとアラームを鳴らすことも可能。1.5m以内に戻ると自動的にロックが解除される。

 auでも「GALAXY Gear」が取り扱われ5色のラインナップとなるが、こちらはジェットブラック1色のみの展開。大きさは36.8×56.6×11.1mm、重さは73.8g。バッテリーは315mAh。本体のほかに、microUSBケーブル、充電用のクレイドルを同梱している。

 ドコモ取り扱い店舗、全店で販売される。想定価格は3万円台半ば。

(関口 聖/川崎 絵美)