ニュース

「ドコモメール」24日開始、今年度中にIMAP対応へ

 NTTドコモは、スマートフォン向けメールサービス「spモードメール」をバージョンアップして、クラウド機能などに対応するメールサービス「ドコモメール」を10月24日より提供する。11月以降には、ドコモ回線がないスマートフォン、タブレット、パソコンのブラウザから利用できるようになるほか、2013年度中にはIMAP対応となる。

 当初は1月に提供される予定だった「ドコモメール」だが、ようやくサービス開始となる。これにより、Androidアプリはspモードメールより改善されるほか、新たにdocomo ID対応となって、12月にはWebメールとしてドコモ回線のないスマートフォン、タブレット、パソコンなどのWebブラウザから「docomo.ne.jp」のメールアドレスでメール(デコメール含む)を利用できるようになる。iPhoneは12月中旬から利用できるようになる。

タブレットで見たところ
パソコンで見たところ

 ユーザーインターフェイスもspモードメールから一新され、見やすくだけではなく、10日の発表会で披露されたデモンストレーション用の端末での反応もスピーディなものに仕上がっていた。

 さらに、今年度中にはIMAP対応となって、メールソフト、アプリから利用できるようになる予定。

 メール本文はクラウド(最大1GB)にある、という設定も可能となる一方で、手元のスマートフォンに「最新300件」あるいは「最新5000件」「すべて」といった形で保存することもできる。端末内にメール本文があれば圏外でも利用できる。マルチデバイス対応サービスということで、送受信したメールはリアルタイムに同期が図られる一方、既読などのステータスは、アプリ終了時などの機会にまとめて同期する形になるとのこと。この同期のタイミングで圏外にいると、圏内に復帰してから同期する。

 当初の対応スマートフォンは、Android 4.0以上を搭載する、ドコモの今夏以降のスマートフォンだが、今後、順次拡大する。ただしらくらくスマートフォンシリーズやスマートフォン for ジュニアは非対応。

何も設定せずに利用“迷惑メールブロック”

 12月には新機能「迷惑メールおまかせブロック」が追加される。これまで、ドコモのメールサービスでは、ユーザーが指定したドメインをブロックする、といった仕組みが導入されているが、その既存機能に加えて、新機能も同時に利用できる形になる。

 担当者によれば、特に設定せずとも利用できることが大きな特徴とのことで、Gmailの迷惑メールフィルタのようなイメージという。

(関口 聖)