ニュース

ドコモ、「iモード.net」を2015年2月で終了

 NTTドコモは、パソコンやスマートフォンのWebブラウザでiモードのメールを送受信できる有料サービス「iモード.net」を2015年2月28日で終了する。

 サービスの終了に先立ち、2014年2月28日に「iモード.net」の新規申し込み受付を終了する。また、「iモード.net」にアクセスしなくてもメールの新着確認ができる「新着確認ツール」機能は、2013年11月12日22時に停止される。

 ドコモでは、「iモード.net」の終了について、iモード契約者の減少などの事業環境の変化を踏まえ、経営資源を集中するためと説明している。同サービスは2008年3月に開始されたサービスで、利用料は月額210円。ピーク時の2010年8月末は約39万契約で、2013年9月末時点では約12万契約となっている。

 なおドコモは、スマートフォン向けに、spモードメールを刷新した「ドコモメール」を10月24日から提供する。同サービスでは、Webブラウザから利用できる仕組みも12月中旬から提供される予定。iモード端末からスマートフォンに機種変更した場合は、これらを「iモード.net」の代替サービスとして利用できる。

(太田 亮三)