ニュース

ソフトバンク、1515億円でモバイルゲームのSupercellを買収

 ソフトバンクとガンホー・オンライン・エンターテイメントは共同で、フィンランドのゲーム会社、Supercell 0yの株式51%を取得したと発表した。買収額は総額15.3億米ドル(約1515億円)で、スーパーセルはソフトバンクの子会社になる。

 スーパーセルはフィンランドを拠点とする会社で、スマートフォン向けゲームアプリ「Clash of Clans」「Hay Day」を提供し、人気を博している。ソフトバンクの子会社となった後も本社はフィンランドのままで、CEOも続投となる予定。

(太田 亮三)