ニュース

ソニーモバイル、「SmartWatch 2」を10月25日に発売

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、Xperiaシリーズと連携するスマートウォッチ「SmartWatch 2 SW2」と、顔認識機能による自動撮影機能を備えた「スマートイメージングスタンド IPT-DS10M」を10月25日に発売する。価格は「SW2」が1万4800円、「IPT-DS10M」が1万1800円。両製品はソニーモバイルコミュニケーションズジャパンを通じて、オンラインストア「Xperia Store」で販売される。

SmartWatch 2 SW2

「SmartWatch 2 SW2」

 「SmartWatch 2 SW2」は、「SmartWatch MN2」の後継モデルで、新たにNFCに対応し簡単にBluetoothのペアリングができるようになった。大型になった1.6インチ、220×176ドット、タッチ操作対応の液晶ディスプレイを装備するほか、防水、防塵性能を実現。時計とアラーム、タイマー機能はXperiaと接続していなくても利用できる。

 対応するXperiaシリーズと接続すれば、電話の着信、メール、SMSの確認が可能。音楽再生の操作や、定型文によるSMSの返信、Twitterのリツイート機能なども用意されている。Google Playストアで提供されているアプリにより、機能を追加することもできる。

 リストバンドはブラックが付属。ターコイズ、イエロー、パープル、ピンクが別売りでラインナップされる。別売りのリストバンドの価格は未定。

 対応するスマートフォンは、Android 4.0以降のXperiaシリーズ。Bluetooth 3.0に対応し、充電はmicroUSB端子で行う。内蔵バッテリーの駆動時間は「通常使用で3〜4日」とされている。本体部分の大きさは約42×41mmで、厚さは約9mm。リストバンドを含む重さは約48g。

「SmartWatch 2 SW2」リストバンドのカラーバリエーション。(ブラック以外は別売り)

スマートイメージングスタンド IPT-DS10M

「スマートイメージングスタンド IPT-DS10M」

 「スマートイメージングスタンド IPT-DS10M」は、対応するXperiaシリーズとBluetoothで接続でき、自動で向きや角度を変えて撮影する機能を備えたスタンド。顔を認識すると追随し、笑顔を検出すると写真を撮影する機能を備えており、動画撮影にも対応。パーティのテーブルなどに設置すれば、被写体が撮影されることを意識しない自然な笑顔を撮影できるという。対応するXperiaとは、NFCを利用してBluetoothのペアリングを行った上で、端末に「スマイルキャッチャー」アプリをインストールし、スタンドにセットして利用する。

 対応するスマートフォンはXperia Z/A/UL/Z1/Z1 f。スマートフォンとの接続はBluetooth 3.0。回転は360度、垂直方向は前後15度まで可動する。アルカリ乾電池を利用した場合の駆動時間は約7時間。

 大きさは台座の直径が約127mm、アーム直立時の高さは約120mm。電池を除く重さは約250g。

Xperiaユーザー向けに特別価格も用意

 「Xperia Z1 SO-01F」「Xperia Z1 SOL23」を購入したユーザーは、「Xperia Store」のスマートフォン版サイトからアクセスすることによりキャンペーンに参加でき、「SmartWatch SW2」を1万1800円、「スマートイメージングスタンド IPT-DS10M」を9980円で購入できる。キャンペーン期間は10月25日〜12月25日16時まで。

 また、「Xperia Z」「Xperia A」「Xperia UL」「Xperia Z1」のユーザーは、ソニーストアの配布チラシに記載されるQRコードからアクセスすることで、上記と同じ特別価格で購入できる。チラシは銀座ソニーショールーム、ソニーストア名古屋、ソニーストア大阪で配布され、実機の展示も行われる。キャンペーン期間は10月25日〜12月25日16時まで。

(太田 亮三)