ニュース

新型「iPad」のソフトバンク版とau版、国内ではSIMロックあり

 アップルから発表された新型タブレット「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」では、au(KDDI)とソフトバンク、それぞれからモバイル通信対応版が提供される。両社ともに、SIMカードロックについては「これまで通り」としている。

 従来、国内キャリアが取り扱ってきたモバイル通信対応のiPadは、国内競合他社のSIMカードは利用できない形となっていた。

 ソフトバンク、KDDIの両社では、今回の新型iPad2機種についても、この方針は継続されているとコメント。現在、NTTドコモでのiPadの取り扱いは案内されていないが、国内で数多く登場しているMVNOの割安なデータ通信用SIMカードの多くがドコモ回線を利用するものとなっており、ソフトバンク版やau版のiPadでは、こうしたMVNOのSIMカードで通信することは難しいと見られる。ちなみにソフトバンク版は、海外キャリアのSIMカードは利用できる。au版の海外キャリアのSIMカード利用についてKDDIでは「他社のSIMカード装着時の動作確認をしていないため、どうなるかわからない」としている。

(関口 聖)