ニュース

ドコモ、らくらくスマートフォン向け「LINE」アプリ提供

 NTTドコモは、アプリダウンロードを制限している端末「らくらくスマートフォン」のユーザー向けに開発された「LINE」アプリの提供を、10月30日に開始する。価格は無料。対応機種は「らくらくスマートフォンF-12D」、「らくらくスマートフォン2 F-08E」の2機種。

 同アプリは、通常のLINEアプリとは一部仕様が異なり、スタンプ購入などの課金機能が制限されているが、一部の企業アカウント登録による無料スタンプのダウンロードは可能。また課金の有無にかかわらず、ゲーム・カメラなどのアプリの追加はできない。

 このほか、無料通話や無料メールは通常のLINEアプリと同じように利用でき、ほかのLINEユーザーとのコミュニケーションも可能。なお、メールの文字はあらかじめ「特大」サイズに設定されている。

らくらくスマートフォン向け「LINE」の主な仕様

 ダウンロードは「dメニュー」→「お客様サポートへ」→ドコモアプリ「開く」→「アプリ一覧」→「LINE」を選択して行う。

 ドコモでは、らくらくスマートフォンを愛用しているシニアのユーザーから「家族同士でLINEを使ってコミュニケーションしたい」といった要望が数多く寄せられ、開発・提供に至ったという。

(川崎 絵美)